FC2ブログ

機巧革命はいいぞ-クルルサリヤえれきてる概論-

1.はじめに


第二幕環境が少しずつ終焉に向かう中、ふるよに勢が論文という形で考察や解説を披露してくれている流れに便乗して非常に稚拙ながら私も寄稿させて頂く。


今回テーマとして選んだのは「クルルサリヤえれきてる型の解説」である。


私は常々、「クルルサリヤの組み合わせ(特にえれきてる型)は強い!」と言い続けていたのであるが、たひてふ氏の論文にもあった通り、関東ではサリヤの使用率は低くクルルサリヤに当たっては、ほぼ使われていなかった。
また、関西では光輝さんがクルルサリヤの専門家として名を馳せていらっしゃるが、えれきてる型についてはあまり使用されていない旨、ツイートされていたのを拝見した。


以上より、クルルサリヤえれきてる型であれば、他の方に比べると使用した経験も多いため、今回解説を書くことでクルルサリヤえれきてる型を使ってみたいと思ってもらえることができるのはないかと考えた。


なお、以下の本文については、当記事の読者をふるよに初心者~中級者と想定しているため、各種カードの能力についての説明は割愛させて頂いている。


2.クルルサリヤえれきてる型のデッキ構成


もっとも使いやすいと思われるクルルサリヤえれきてる型の構成は


通常札:「えれきてる」「くるるーん」「もじゅるー」「Turbo switch」「Steam Cannon」「あくせらー」「Burning Steam」
切札:「いんだすとりあ」「どれーんでびる」「Omega-Burst」


と考える。


以下にそれぞれの採用理由・デッキ内での役割を記載する。


①「えれきてる」
このデッキのメインウェポン。
2ターン目に「いんだすとりあ」に封印することが基本。


②「くるるーん」
対応でしか使えないが、その効果はとても大きい。
単体で見ると防御能力は皆無であるが、「もじゅるー」と併用することで相手の攻撃の間合いをずらすことが可能になる。


デッキ1巡目から攻撃してくる相手には山札調整をすることで「いんだすとりあ」で山札の一番底に行った「えれきてる(※)」を無理なく引くことができる。
(※)実際には「いんだすとりあ」で複製された「でゅーぷりぎあ」だが便宜上、当記事では「えれきてる」と表記する。


終盤では、山札から2ドローすることで「えれきてる」を引き込みリーサルを早くする役割を持っている。


③「もじゅるー」
インチキAP発生装置。
1順目は「どれーんでびる」を使用した後にできたダスト3を納に載せて使用する。
「えれきてる」を使用しながら基本動作を行えるため、攻守が安定する。


「もじゅるー」展開中に再構成することで「どれーんでびる」を発動させて相手のオーラを1つ奪いながら基本動作をする動きが強く見えがちだが、このデッキでは強くないため「もじゅるー」展開中の再構成はできるだけしないようにしたい。


「くるるーん」の説明でも記載した通り、「もじゅるー」を展開している状況下においては、「くるるーん」が間合いをずらせる対応となるため、相手から攻撃をしづらくなっているため、そのため、毎回デッキ再構成時には「もじゅるー」をデッキに加えて最大回数使用したい。


④「Turbo switch」
インチキ間合いずらし対応。
ふるよにでは多くの攻撃札が間合いの適正の幅が2であるため、「Turbo switch」で回避が可能となっている。
「もじゅるー」が展開されていれば間合いを2つ以上ずらすことも可能となる。


デメリットとなる造花結晶の燃費の悪さも造花結晶を使用した攻撃札がほとんどないこのデッキではそれほどのデメリットにはならないため積極的に使用することができる。
1巡目に攻撃してこない相手に対しては、自分のターンに使用して「えれきてる」を打つことが多い。


⑤「Steam Cannon」
相手のオーラを3剥がすって書いてある。
通常攻撃でダメージを狙わないデッキですので、もじゅるーの納や纏うためのダストをこのカードで作る。


また、このカードがあるため相手もオーラを少なくとも3纏う必要があり、手を遅らせることができるし、「あくせらー」「Steam Cannon」をちらつかせることで「Burning Steam」がライフに通ることもある。


⑥「あくせらー」
「Steam Cannon」を補助するだけの存在。
「Steam Cannon」のためだけに入れるのは勿体ない気もするが、オーラ管理がシビアなデッキのため、「あくせらー」「Steam Cannon」とすることで追加基本行動ができ、「Steam Cannon」で吹き飛ばした相手のオーラを纏う動きは非常に強力。


⑦「Burning Steam」
ほぼ自由枠。相手がユリナなどの近距離型であれば「Roaring」「Waving Edge」等が入替候補。
上述のとおり、「あくせらー」「Steam Cannon」をちらつかせて1点取ったり、ダストを作る役割がある。
造花結晶の燃費がいいことも良い点である。


⑧「いんだすとりあ」
2ターン目に「えれきてる」を封印する。
デッキ2巡目以降は極力もじゅるー展開してから使用することで1APお得に使用することができる。
とはいえ当たり前だが、使用しないとえれきてるは増えないため、基本的には再構成直後に使用して問題ないと思う。


⑨「どれーんでびる」
「えれきてる」の機巧要員だが、毎回再構成時に「いんだすとりあ」が未使用に戻るため、相手のオーラから1つ自分のオーラへと移動する効果もあり、防御力に長けている。
概ねデッキ1巡目3ターン目に使用する。


使用したターンはオーラが薄くなるが、できたダストを基に「もじゅるー」を使用し、手札を「くるるーん」「Turbo switch」とすることで致命傷を防ぐことができる。


⑩「Omega-Burst」
インチキ打消し切札。
クルルの防御力の薄さをケアしてくれるすごい奴。
また行動対応であるため、「Omega-Burst」を使用した後は引いてきた「えれきてる」を即座に使用できる。

相手がユリナを宿している場合は、早目に造花結晶を0-1にして「天音揺波の底力」と「月影落」のどちらにも備えることができるようにしたい。


3.運用方法・気を付けるべきポイント


上述したサンプルデッキについて運用方法・気を付けるべきポイントについて述べていきたい。


①マリガン


このデッキで1巡目に伏せてはいけないカードは「もじゅるー」「えれきてる」「Turbo switch」「くるるーん」である。

その他の3枚は基本的には伏せて基本動作を行うことになる。


その上で、
・「えれきてる」は2ターン目に「いんだすとりあ」に封印したい。
・「もじゅるー」は3ターン目に使いたい。
・「くるるーん」と「Turbo switch」はできるだけ早く握っておきたい。
上記3点を意識してマリガンを行う。


後攻の場合は、1ターン目に集中力を使って宿し「いんだすとりあ」をできるので、雑に「もじゅるー」を底に置く事だけ考えればよい。


(例)
・「もじゅるー」「えれきてる」「くるるーん」の場合
 「もじゅるー」だけマリガンすると「Turbo switch」を引いた時に裏目になるので、「もじゅるー」「くるるーん」をマリガンするか「えれきてる」「もじゅるー」「くるるーん」の順にマリガンするかの2択。
 上述したが、後攻の場合は「もじゅるー」だけマリガンでオッケー。


②デッキ1巡目の動き


・先攻の場合
1ターン目
1伏せ宿し(手札2集中0)
2ターン目
「いんだすとりあ」に「えれきてる」を封印。
1伏せ纏い(手札2集中1)
3ターン目
1伏せ宿し2集中宿し
「どれーんでびる」使用
「もじゅるー」使用(手札「くるるーん」「Turbo switch」集

中0)
<相手から攻撃を受けなかった場合>
4ターン目
再構成せず、1焦燥で「えれきてる」をドロー
1集中纏い
「Turbo switch」追加基本行動前進
「えれきてる」追加基本行動前進(手札「くるるーん」集中0)
※なお、相手から攻撃を受けた場合は「くるるーん」で対応し、伏せ札から1枚山札へ返す。
 なお、基本的に攻撃はライフ受け安定。
 これができると「Turbo switch」を使うことなく焦燥ドローせずに「えれきてる」が打てるので◎

※後攻の場合も基本的には同じ流れ。
 余る集中力1は相手によって2巡目に持ち越すか前進するか判断されたし。


③2巡目以降の動き


2巡目以降で気をつけること。
・3/1は基本ライフ受けもしくは「Turbo switch」で避ける
・打てるときに「Steam Cannon」を打つ
・「えれきてる」はできるだけ「もじゅるー」展開中に使用する

デッキ2巡目底の「えれきてる」を打てているなら「えれきてる」で3点、相手の再構成2点で相手のライフは残り3点になっている。

3巡目は「Omega-Burst」「Turbo switch」「もじゅるー」を駆使してとにかく死なないようにしつつ、「くるるーん」でドローを促進し、底の「えれきてる」を引ければ勝ち。
非常に分かりやすい。


4.対戦相手のメガミによって気をつけること


ユリナ
「月影落」「天音揺波の底力」は食らうと当然一発アウトなので、ケアしつつ、積極的に燃料を使って「Omega-Burst」を構える。
「Burning Steam」は腐りがちになるので、「Waving Edge」や「Roaring」に変えた方が良いかもしれない。


ヒミカ
非常に苦手。
とにかく前進をして可能であれば、「Turbo switch」で躱していく。
対ヒミカの場合は1巡目のどれでびは無理には開けない方がいいことが多い。


トコヨ
相方の切札に大技が無ければ一番警戒しなければいけないのは「千歳の鳥」。
序盤から「Omega-Burst」を構えて打たせないようにしたい。


オボロ
設置忍歩影菱がきついが、3距離で返せば設置後の追撃を「Turbo switch」で躱すことができるので、丁寧に対応する。


ユキヒ
「ゆらりび」は「Omega-Burst」を早目に構えることで脅威ではなく、「しこみばり」「はらりゆき」の連撃には「Turbo switch」で対応しつつ傘を閉じた返しに「もじゅるー」を展開し、圧をかけていく。


シンラ
無理。
シンラ相手にこの型をやるとほぼ負けるので別の型をするべき。


サイネ
「Omega-Burst」や「Turbo switch」は相手がリーサルを狙ってきた八相状態での「八方振り」へ合わせる。


チカゲ
とても辛い。
「毒霧」がくる前提でマリガンをミスらないようにする。
一番底に「もじゅるー」を入れることだけはないように。
ある意味、山札調整をしなくてよくなるが、毒による阻害はクルルの天敵。


ハガネ
「大破鐘メガロベル」が厄介だが、「大天空クラッシュ」や「遠心撃」が致命傷にならないようにケアをしつつ、クリンチ対策に「Shield Charge」を採用するなど対策をとろう。


クルル
クルルハーフミラーだといわゆる「びっくごーれむ」型の方が早いことが多いので、大人しく「びっくごーれむ」型を使おう。
「Steam Cannon」の圧が高いので積極的に振っていこう。


サリヤ
相手の連撃の起点となる「Burning Steam」や「Waving Edge」を躱そう。
「Steam Cannon」の圧が非常に高いので、常にケアしよう。
「Julia’s Blackbox」により、ナーガにトランスフォームされると追加基本動作で山札の「えれきてる」を落されることもあるため、「えれきてる」型よりも「びっくごーれむ」型を採用した方がいいかもしれない。


ウツロ
「遺灰呪」がゲロきつい。
ただし、単純な攻撃力はそこまで高くないため、しっかりとプレイすれば勝てない相手ではない。
「終末」を常にケアして「終末」を貼ってきた返しに「Steam Cannon」ぶちあてましょう。


ホノカ
対戦が長引く傾向にあるため、有利だと思われる。
相手の「守護霊式」の開花を「Turbo switch」で防ぎつつ「この旗の名の下に」は「Omega-Burst」で防ぐようにする。


5.おわりに


以上のとおり、「クルルサリヤえれきてる型」について簡単であるが解説をさせて頂いた。
クルルサリヤは「えれきてる型」以外に「びっくごーれむ型」「ヤクシャ型」「ガルーダコントロール型」があるため、相手の構築に歪みが生じるところも強いといえる理由の一つである。


「えれきてる型」以外の型については私の力量不足により、詳しい解説ができないが、Wikiや実戦を通して是非クルルサリヤの強さを実感してほしい。


残り少ない第二幕環境に置いてクルルサリヤの使用率が上昇することを願って筆を置きたいと思う。


なお、最後になったが、当記事に関する苦情については、一切受け付けていない。

しかし、どうしても一言言わなければ気が済まないという方は苦情窓口としてぷよまんさんを立てているので、当記事に限らず愚痴・恨みつらみ等ぷよさん宛にご連絡頂ければと思う。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター

プロフィール

キャッツ99

Author:キャッツ99
ボードゲーム、特にふるよにに
ドハマリ中。
技術向上に向けて大会レポ等の
記事を更新予定。
ラーメンガチ勢。

素敵すぎる西森博之風アントゥは
夢際さん(@_lastboy)に頂き
ました。感謝!

《自己紹介記事はこちら》

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR