FC2ブログ

6/28 DDT平日3-1大会

DDTの平日大会に参加してきました。

選出メガミは戦騎鏡。


ずっと銃騎鏡練習してましたが、環境的にも個人の熟練度的にも戦騎鏡の方が良いと考え、持ち込みました。

もともと戦騎は爪と塵がきつかったのですが、今はほとんどいないことに気づきました。


1回戦(対コイキング刀傘さん)


変な名前ですが、要するにくまねこさんです。


戦騎鏡―刀傘橇


まあ傘BANですね。


騎鏡―刀橇


いいマッチアップじゃないでしょうか。


Waving Edge、Burning Steam、Roaring、星の爪、意思、契約、鏡の悪魔
向こう側、Julia's Blackbox、Omega-Burst


めちゃくちゃ橇がきつかったけどWaving EdgeとBurning Steamでなんとかライフリード取り返しつつ相手が甘えて間合い3オーラ4で返してきたので鏡の悪魔。
これに浦波吐いてくれたけど、ライフ差取られつつ向こう側を展開。
自分のライフ5から6にできる鏡の悪魔を打てるタイミングあったのですが、相手が底力採用してるとライフ受けからぶち当たって殺されるので、自重してしゃがみつつヤクシャにトランスフォーム。

最後は、相手の切札を底力だと信じてOmega-Burstを自ら開けてヤクシャ連撃からBurning Steamと星の爪打って通ったので勝ち。最後のトップが強かった…。
レタルレラ無くて良かった…。


2回戦(対もりもさん)


戦騎鏡―古銃機


んー機器と鏡の相性悪すぎなのでいなせる古銃を返します。


騎鏡―古銃


Waving Edge、Burning Steam、Turbo switch、星の爪、昏い咢、意志、契約
Omega-Burst、向こう側、星の海


向こう側契約星の爪と意志でフレアをいじめて不完全を構えられなくさせてスーパー星の海で〆る構築です。

序盤からうまく動けたので、相手のフレアを削りながらライフレースゴブで終盤戦へ。
お互いライフ4のオーラ5のところから契約を使って鏡映数を完璧に合わせて6/4飛ばして勝ち。


決勝(対DDT中堅プレイヤーさん)


久しぶりの決勝は、エントリー時はDDT下級プレイヤーだったのが、2連勝でDDT中堅プレイヤーとなったはすおとさん。


戦騎鏡―古戦橇


さっきの感じだとフレアいじめれば古はなんとかなりそう。
古戦は手裏剣も不意打ちも割ときついので古橇を返す。


戦鏡―古橇


鋼糸、手裏剣、忍歩、星の爪、昏い咢、意志、契約
向こう側、星の海、祟り神


鳶影幻影歩法よりも祟り神の方がよさそうだと判断。
相手の切札はウパ不完全+何かだと予想し、レタルレラの可能性は限りなく低いと考え、2回戦と同じく不完全を構えられなくして5/3か6/4を落としに行くプランで。

1巡目間合い3から旋回刃オーラ受けするとウパ雪刃と飛んできてもうきつい。
旋回刃に対応すると原初足捌きされるから対応できないのバグでしょ。

その後、奇数再構成して向こう側開けたら契約がボトムる不具合等発生して当初のプランは崩壊するも相手のライフ3から不完全を使うと2/3になる4/2の星の海を打ったらライフ受けしてくれたので、月影落が入っていないことを祈って全力で後退。
コンルル採用型だったのでそのまま距離を取ってからの手裏剣鋼糸意志で勝ち。


2019年やっと優勝できました。
今回は引きがとてもよかったので勝てましたが構築やプレイングはまだまだまだ改善の余地があるので、引き続き鏡を磨いてヤツハちゃんを救いたいと思います。


おしまい。


スポンサーサイト

6/22(土)DDT三拾一捨大会

Q:このブログはなんのブログでしょうか?

A:ふるよにの対戦結果を反省するブログです。


正直、あまりにもあまりにもな出来事があったので、この日の記憶は一生封印しようかなと思いましたが、こういった時こそブログにちゃんと記録として残さないと意味ないなと思ったのでレポ書きます。


DDTでの大会で通常と三拾一捨で選択できたので、三拾一捨で参加。
選出は最強の銃騎鏡を満を持して。


1回戦(対6時半以降DDTBOTさん)


ほぼ毎日顔を合わせてる沼くんとの初戦。


銃騎鏡―刀騎旗


同じ組み合わせで何回か対戦して負けまくってるのでやな感じ。
こちらはサリヤを抜いて刀旗返し。
相手は銃アレルギーなので銃抜き。


騎鏡〇―×刀旗


既に何度か対戦しているマッチ。
相手は月影を入れずに四季、浮舟、浦波で耐久してくるパターンだと読み。
こちらもそれ以上に耐久する構えで。


Waving Edge、Burning Steam、Turbo switch、星の爪、昏い咢、寄花、意志
Omega-Burst、Alpha-Edge、祟り神


四季とお守りがめんどくさいことはわかっていたので、Alpha-Edgeと意志を積みました。
相手も火力が低くなっているはずなので、斬や桜吹雪を積極的にオーラ受けしていきます。


実戦では、Burning SteamやWaving Edgeでライフ差つけていったところこちらのオーラ4を見てライフ2焦燥底力が飛んできましたが、意志使ってでオーラ受け。
祟り神とOmega-Burst構えたうえでさすがにこのライフ差は覆されず勝ち。


2回戦(対オト店長)


頭が痛くなってきましたが、書きます。


銃騎鏡―炎傘橇


鏡を使っている以上傘は永久BANなので傘抜き。
相手は銃BAN。


騎鏡×―〇炎橇


Waving Edge、Burning Steam、Turbo switch、星の爪、昏い咢、意志、鏡の悪魔
Julia's Blackbox、星の海、Omega-Burst


お互いオーラ0で戦い続ける白兵戦が続く中で、頑張って箱開けてナーガして相手のリーサル伸ばして必死に掴み取ったリーサルを振る瞬間に鏡の悪魔が「鏡映数を合わせろ!」と囁いてきたので、間合い4相手のオーラ2ライフ1自分のオーラ0凍結4から意志で相手のオーラ1自分のオーラ1に鏡映数を合わせて4/2星の海を打ったところ元気よくレタルレラ!と言われたので負けました。


3回戦(対soraくん)


銃騎鏡―忍傘爪


貰って2秒で忍爪を表にして返します。


騎鏡×―〇忍爪


Shield Charge、Waving Edge、Burning Steam、Roaring、星の爪、昏い咢、幻影歩法
Julia's Blackbox、星の海、祟り神


ガルーダ構築です。
忍爪のゲージ上がる前にたぶん決まるでしょう。
ガルーダの返しが少し怖いので祟り神入れてみました。

展開はほぼほぼ想定通りに進み、ガルーダも無事に空いたので勝利を確信してShield Chargeを振ったら元気よく誘導!と言われました。
僕に4距離まで戻って全部振るリソースはありません。
それでも相手の引きが良くないことを祈って爪咢二枚キープしとけば勝ち筋あったのに自ら潰しに行ってしまう。
おやすみなさいZzzz。


4回戦(対へろへろさん)


2戦続けてのあまりの不甲斐なさにドロップしたくなりましたが、ドロップ不可だったので気力を振り絞り最終戦へ。


銃騎鏡―刀傘橇


いわずとしれた傘BAN


銃鏡〇―×刀橇


やったー銃鏡使えるー!

シュート、マグナム、ラピッド、バクステ、星の爪、昏い咢、幻影歩法
クリゼロ、イマジン、レバレ


幻影歩法は最後の連撃の時にレタルレラケアするために1後退必要なので。

フレアを8つ貯めることができたので、クリゼロから3/2、3/2、3/2飛ばして勝ち。


というわけで、2-2でした。
敗戦があまりにもなプレミだったので、心折れかけましたが、実質騎鏡は負けてないので最強なことを信じて練習していきたいと思います。


おしまい。


6/19(水)よるよに反省

寝屋川のシャッフルさんで平日大会があったので馳せ参じました。
簡単ですが、レポです。


無事に開始時間に着いたんですが、ふるよにを忘れる失態。
シャッフルさんの店内遊戯用を借りることができたので参加できました。


選出は騎鏡。
前回の京都で積んだ経験値を生かして。


1回戦(対のかさん)


騎鏡×―〇銃笛


銃笛かーー。
まあなんとかなるんじゃないかなあ。


Waving Edge、Burning Steam、Roaring、星の爪、昏い咢、寄花、意志
Thallya’s Masterpiece、星の海、わらべ唄


マスピで奏流しから逃れて寄花わらべからの爪、咢、海!でいけへんか?
先手、1巡目最後に間合い6、ハンドがBurning Steam、Waving Edge、咢、意志で前進Burning Steam咢してしまったけど、流石にマスピ開けてBurning Steam、Waving Edgeで距離詰めるべきだったオブザイヤー。
セルフ萎縮で奏流しボコスカ当たって当初のプラン伊豆どこ???
銃笛相手にこんなミスしてたら当然勝てません。猛反省。ごめんねヤツハちゃん…。


2回戦(対うさぎさん)


大会初参加のうさぎさんと。


騎鏡〇―×刀薙


Waving Edge、Burning Steam、星の爪、昏い咢、契約、意志、鏡の悪魔
向こう側、Omega-Burst、星の海


向こう側軸でフレア奪ってOmega-Burstで蓋しましょう。
一巡目からほぼ理想通り動けてライフリード取ったら星の爪に浦波打ってくれたので、そこから向こう側展開して星の爪、契約でフレアいじめた後にオーラ甘えてくれたので向こう側切れてたけど鏡の悪魔ぶち当てて返しの底力にOmega-Burst合わせて勝ち。


ということで4人大会だったので、大会自体は1-1でした。

この後、ねやよに2連覇のえんどうさんとフリーを2戦。


騎鏡〇―×刀絆


滅灯毒を頂いたので、向こう側から6纏いとして使わせていただき、最後はWaving Edge、咢、星の海を連打して勝ち。


銃鏡〇―×拒絆


シュートでライフ削ってから相手のオーラ5ライフ5から3/3咢4/2星の海4/3バクドラ星の爪で勝ち。


鏡はプレイアブルなカードが多いので眼前構築も難しいし、桜花決闘のプレイも難しいので一杯練習が必要な気がします。
熱帯とかでも練習したいですが、最近なぜか夜家に帰ると熱帯できないんですよね…。


オートチェスとふるよにの両立方法誰か教えてください。


おしまい。

6/15(土)京都交流祭

久しぶりにふるよにの大会に出たので簡単にレポ。
宿したのは騎鏡。


鏡が好きすぎて契約しました。


意志では、警戒心を持った表情しているのに、契約とかいうカードのイラストでは完全に心を許しているのそういうことですよね?


僕はヤツハと契約しました。



1回戦(対めいさん)


何気に公式大会でめいさんと対戦するのは初めて。
宿されているのはランダムで出てきた刀毒


騎鏡〇―×刀毒


対応は実質浦波ストームしか無いので、ちょっと実験的な構築。

Shield Charge、Waving Edge、Burning Steam、星の爪、昏い咢、寄花、幻影歩法
Julia's Blackbox、わらべ唄、星の海


燃料焼いてガルーダからワンキルする構築。
幻影歩法Shield Chargeができるので、燃料回復カード無しでもびっくり打点が出ます。
Turbo switchとOmega-Burstは持ってるフリだけしてなんとかします。


実戦では、1巡目にBurning Steam、Waving Edgeとライフに通しながら燃料を焼いて2巡目終わりにWaving Edgeで1距離潜りながら燃料焼き切って、ガルーダフォームチェンジ。


ガルーダの返しに相手がぶっぱしてこなかったので、幻影歩法Shield Chargeに浦波合わせられるも寄花わらべ唄Waving Edge星の海星の爪咢でオーバーキルして勝ち。


2回戦(対tekitさん)


苦手意識があるtekitさんとの2回戦。


騎鏡×―〇古鏡


さすがに今度はおとなしくTurbo switch、Omega-Burst積んどきましょうね。


Shield Charge、Waving Edge、Burning Steam、Turbo switch、星の爪、昏い咢、幻影歩法
Julia's Blackbox、Omega-Burst、星の海


実戦では、序盤Waving EdgeとBurning Steamのライフリードとったままナーガが着地したので、めちゃくちゃ理想的に進んでいたのに最後の最後でリーサル取れてるものと勘違いしてTurbo switchを伏せてしまいTHE END。

パイロットが下手すぎた。


3回戦(対ショパンさん)


確か神戸勢?初対戦。


騎鏡〇―×古鎌


古も鎌もフレア上げなければ主張がなくなるので、ひたすらフレアいじめ構築。


Waving Edge、Burning Steam、星の爪、鏡の悪魔、意志、契約、寄花
Omega-Burst、向こう側、星の海


向こう側で違法契約星の爪しながら相手が遺灰呪握ってそうなタイミングで納2寄花置いてオーラ奪ってライフゲイン鏡の悪魔など好き放題した結果、相手のフレアは浮舟1回分しか貯まらず、最後は黒き波動を2ターン連続ライフ受けしてスーパー星の海でオーラ飛ばしてからWaving Edge星の爪ぶち込んで勝ち。


4回戦(対刀傘さん)


刀傘熊猫。
負けてたら組み合わせ変えていいルールだったので3-1しませんか?と誘いをかけて刀傘を封じることに成功。


銃騎鏡―刀忍傘


かさまわしだけは許せないから傘BAN


騎鏡○―×刀忍

対応は実質浦波だけだし、ヤクシャでやれるやろって感じで構築。
Turbo switchはどうせ影菱で抜かれるから採用せず。


Shield Charge、Waving Edge、Burning Steam、星の爪、昏い咢、幻影歩法、意志
Julia's Blackbox、Alpha-Edge、Omega-Burst


幻影歩法はヤクシャ下では最強カード過ぎるので採用。

1巡目からいい感じでBurning Steam、Waving Edgeで打点取れた結果、ライフリード取れて相手のフレアたくさんになる。
さすがにこれはナーガでいいや笑。
6フレア吹き飛ばしたものの再構成影菱と鳶影影菱でハンド2枚と2点取られる。
とはいえ、もう一度手札整えてからAlpha-Edge絡めた連撃で勝ち。
フレアが足りないかなと思ってAlpha-Edgeにしたけど星の海の方が数倍強そうだった。


という訳で、一応3勝1敗となりました。
2回戦の下手すぎで負けたのは悔しかったですが、新しいメガミを宿すと眼前構築で考えてたストーリーと実際の桜花決闘にズレが出まくるので、難しいなあと思う一方ふるよにしてるなあという感情が生まれてきたのでとても楽しかったです。


おしまい。

オートチェス/初心者向けTIPS

2-3回やってルールが分かった人向け。


オートチェスはみんな語りたくなるゲームなので、「初心者 オートチェス ブログ」で検索すると結構記事出てくるのでそちらを見てもらってもいいのですが、アプリ版とPC版ではキャラや種族・ジョブの名前も変わっているので、アプリ版を始めた人向けにまとめを書いてみました。


―お金がもっとも大事!オートチェスは運用ゲ―。
 オートチェスを始めた人が陥りやすいミスの一つに星を増やしたいキャラを目的として序盤からガチャを更新することがあります。
 よほどのことが無ければ、序盤にガチャを回す行為はおススメできません。
 オートチェスでは、ラウンドごとに基礎5金に加えて前ラウンド終了時に所持しているお金10金ごとに1金多くもらえます。
(最大50金で5金多くもらえます)
 いろーんなブログに口酸っぱく書いてありますが、序盤は必要なキャラを買いながらガチャはせずに適切に経験値を買って50金をキープする戦法がおススメされています。
 いろーんなブログに書いてあるので、正しいです。
 とにかく50金と各ラウンドごとの利子が貰えるかどうかは気にしましょう。


―経験値を上げるタイミング
 おおむね4X+1ラウンドが次のレベルに必要な経験値が4の倍数になっているので、目安となります。
 さきほど利子が大事だと書きましたが、ラウンドで他プレイヤーの侵略を防ぐと1金貰えますので、勝つことも大事です。
 星2が作れてなくて種を拾いたい場合はレベルアップしないこともあるので、そこは場合によりけりで。
 特に運よく強い星2が複数作れた場合はすぐにレベルアップしなくても負けないので、利子を拾いに行きながら対人も勝ちにいくことができます。
 50金に到達したら50金を切らないラインでレベルアップやキャラ購入をしていきます。
 
―CPU戦について
 5の倍数ラウンドは対人ではなく毎回決まったCPUとの対戦になります。
 基本はちゃんと育ててれば大体勝てますが、15ラウンドの狼の群れだけは注意が必要です。
 狼の群れはジョブがアサシンになっているため、開幕で後衛を狙ってきます。
 対策としては簡単ですが、普通と前衛後衛を逆にするだけでいいです。


―アイテムについて
 CPU戦では確率でアイテムがドロップします。
 基本的に攻撃力アップは攻撃速度が速いキャラ、もしくは後衛のアタッカーで最後に残ると思われるキャラにつけましょう。
 防御力アップ系や体力回復系は前衛のタンクにつけましょう。
 後半は高レアリティの星2とかを強化するためにとりあえずつけちゃって大丈夫です。
 注意すべきは「吸血マスク」と「木の棒」を合成させるとできる「呪われた吸血マスク」。
 効果は強力ですが、スキルを使えなくなります。
 パッシブスキルは有効なので、「闇の射手」「光刃の騎士」「致命の暗殺者」「バーサーカー」などにつけると効果的です。


―種族シナジーは重複する!
 これ分かりにくくて間違った解釈のまま50戦くらいしてました。
 どういうことかというと例えばビーストシナジーは2種類で味方全体10%攻撃アップ、4種類で味方全体15%攻撃アップ、6種類で味方全体20%アップって書いてあって、僕は「6種類揃えても2種類と10%しか変わらへんのか、効率悪いな」とか思ってたのですが、2種類と4種類で発動しているシナジーはそれぞれ発動しているので、4種類の時は味方全体25%アップ、6種類に至っては45%アップになります。
 ナイトなんかは最初誤植だと思ってたんですが4種類の時は60%でシールドを得る、という効果になります。
 なので、できる限り最終構成はいろんなシナジーをつまみ食いするよりは、メインとなるシナジーを最大限得られるように構成する方が強くなります。
 ビースト6やアサシン6なんかが完成した瞬間にいきなり強くなるのは、この理屈ですね。


―序盤のピックについて
 序盤はゴブリン/メカが最強です。
 これもいろーんなブログで書いてあります。
 意図的に序盤戦に強いデザインにされてあるので、1-2ラウンド目は「ソウルブレイカー」「ヘブンボンバー」「リッパー」が出たらおとなしくピックしましょう。
 ただし、序盤の星2は大体の場合においてゴブリン/メカよりも強くなるので、ゴブリン/メカでかぶっているものがなくて他に2枚出ているものがあればそれを取るほうをおススメします。
 また、ショップは左にあるロックボタンを押すと次ラウンドまで変更されないので、1-2ラウンドで運よく同じキャラが3枚出た場合などはロックしましょう。
 戦力に余裕があれば、「一角獣」はピックしておくと後で1金得します。

 シナジーの強さや個々の強さを踏まえて今の僕は以下のような優先度でピックしてます。


僕の1金キャラ優先順位tier表
S:ソウルブレイカー(ゴブ/メカ)、ヘブンボンバー(ゴブ/メカ)、ソールテイカー(ゴブ/アサ)
A:セイウチボクサ―(ビースト/ウォリ)、赤の斧の王(ケープ/ウォリ)、岩のスピリット(スピ/ウォリ)
B:フロストナイト(グレ/ナイト)、オーガメイジ(キラ/メイジ)、一角獣(ビースト/ドルイド)
C:氷河の祈祷者(グレ/シャー)、デーモンハンター(ウイング/デモハン)、不死の射手(アンデッド/ハンター)


僕の2金キャラ優先順位tier表
S:リッパー(ゴブ/メカ)、光刃の騎士(ウイング/ナイト)、隻眼のハンター(ケープ/ハンター)
A:剣聖(ケープ/ウォリ)、深海の守護者(マリン/ウォリ)、煉獄の騎士(デモ/ナイト)、水のスピリット(スピ/アサ)
B:幻影の女王(デモ/アサ)、深海の歩行者(マリン/アサ)
C:氷河の呪術医(グレ/ウォーロック)、ライトドラゴン(ドラ・ウイング/メイジ)、預言者(ウイング/ドルイド)、マナの源(ヒューマン/メイジ)


 レベル5くらいまでは星2をたくさん作った人が勝ち!みたいになりますが、レベル6くらいからできた星2をもとに最終形を見据えたピックや強い3-4金の星2を作る必要があります。


3金以上の僕のおススメキャラ
 3金
 人狼、影の魔王、雷のスピリット、裏切りのデーモン

 4金
 セイレーン、光の羽の刺客、海賊王、熊のドルイド

 5金は全部強いので、空き枠とお金に余裕がとりあえずピックしといても問題ないです。

 

―シナジーについて
 詳しくは別記事にしたいと思いますので、簡潔に。
 序盤はゴブリン/メカが最強。ゴブ6まで行けると優勝。
 ウォーリアーは安定するので初心者におススメ。
 1-2コストにたくさんいるので、適当に星2を複数作ってウォーリアー6を狙う。
 火力が不足するのでビースト4狙ったり、優秀な後衛職である「雷のスピリット」や「影の魔王」で補強すると良い。
 ナイトは序盤弱いが「光刃の騎士」や「不死の騎士」「羊の騎士」は一定以上の水準の強さがあるので、星2にできたら狙っていきたい。
 2,4,6で発動してナイト6が達成すると魔法耐性もあるためウォーリアー6より硬い。
 ハンター6、アサシン6、ビースト6、メイジ6は宇宙。
 ウォーロックはメインで狙わず、「影の魔王」「不死の教皇」「闇のスピリット」あたりをピックできたらついでに狙うくらい。
 メイジが完成しそうな相手がいたら早めにマリーンの準備をするとよい。
 そういう意味もあり、「セイレーン」「アクアハンター」はだいたいピック。
 ドルイドは進化特化シナジーで盤面影響無いので、早い段階で4種揃って星3量産できたら強いけど空き枠管理とかが難しい。
 「一角獣」は2体で星2に出来て売ると3金になるため、お金が増える。
 
以上、わかりにくい点も多いと思いますが、多少なりとも参考になれば幸いです。


ボドゲが好きな人は絶対にオートチェスをやらないでください!!

オートチェスをやると辞め時がわからず、睡眠時間が削られ死ぬのが近づきます。


オートチェスに一番ハマるのはボドゲ勢かもしれないなあと思ったので、ボドゲが好きな人に向けたオートチェスの布教インスト記事。


1.オートチェスって何?


8人で行われるリアルタイム同時対戦ゲーです。

具体的には、8人のプレイヤーそれぞれがリソースであるお金を使い自分たちのキャラクターを強化して最強のパーティーを作り、他のプレイヤーやCPUである固定のボスキャラたちと戦い、最後まで生き残ることが目的です。


パーティーを作るためのキャラクターのプールは共有であり、スマホアプリにありがちな課金した人が強いキャラを持っていたり、補正を受けれるということは全くありません。
しかし、完全な実力ゲーではなく、運の要素も大きいことからしばしば麻雀に似たゲームと言われることがあります。


2.ゲームの進み方


オートチェスでは、1ラウンドを繰り返していきます。
ラウンドの中には大きく2つのフェイズがあり、戦闘準備フェイズと戦闘フェイズがあります。


戦闘準備フェイズでは、お金を使ってパーティーを強化します。
お金の使い道は3つしかありません。


①キャラを購入する。
 ラウンドごとにショップが更新されて5体のキャラクターが並んでいるので、好きなキャラを購入することができます。
 キャラクターには1金で買えるものから5金で買えるものまであり、基本的には高いキャラクターの方が性能が優遇されています。


②ショップを更新する。
 2金支払うことでショップに並んでいるキャラクターを洗い替えることができます。
 ショップに欲しいキャラクターが無い場合や終盤特定のキャラクターを掘るために使います。


③経験値を購入する。
 5金支払うことで経験値を4得ることができます。
 プレイヤーはラウンド開始時に経験値を1つ得ます。
 経験値を一定数集めるとプレイヤーのレベルが上がります。
 プレイヤーのレベルは盤面に置くことができるキャラクターの数と等しいので、レベルが1上がると1体多くキャラクターを置くことができるようになります。


  またレベルが上がるとショップに並ぶキャラクターのレアリティが高くなります。


 プレイヤーのレベルは最大10です。


 プレイヤーのレベルアップに必要な経験値は以下のとおりです。


 LV1   -
 LV2   1
  LV3   1
  LV4   2
  LV5   4
  LV6   8
  LV7  16
  LV8  24
  LV9  32
  LV10 40


 LV3までは毎ラウンドレベルが上がりますが、LV4以降は経験値を購入するかしないかで各プレイヤーにレベル差がつくことになります。


戦闘準備フェイズではリアルタイムで各プレイヤーがこのアクションを任意の順番で好きなだけ実行することができます。


制限時間は「30秒」です。


戦闘準備フェイズでは、購入したキャラクターを盤面に配置することを忘れてはいけません。


戦闘準備フェイズが終わると自動的に戦闘フェイズに移ります。
戦闘フェイズに移ると盤面にキャラクターを配置することができなくなります。
なお、戦闘フェイズ中もお金を使ったアクションは可能です。

戦闘フェイズでは、CPUの固定ボスか他のプレイヤーが構築したキャラクターパーティーと戦闘を行います。


戦闘は自動で処理され、味方のキャラクターが全滅した場合、残った相手キャラクターの数やレアリティに応じてダメージを受けます。
プレイヤーの初期HPは100です。
序盤は負けても3点や5点くらいしか受けませんが、終盤になると一度に20点以上のダメージを受けることもあります。
また、他のプレイヤーとの戦闘に勝利すると1金を得ることができます。


CPUと対戦するラウンドは決まっていて1ラウンドから3ラウンドと10ラウンド以降の5の倍数となるラウンドです。

戦闘が終わると次のラウンドが開始され、お金が支給されます。
開始時に支給されるお金は1ラウンドから5ラウンドまでは1金ずつ増えていき5ラウンド以降は5金に固定される基礎支給分と前のラウンド終了時に保有しているお金10金につき1金の利子ボーナス(最大5金)が貰えます。


また前のラウンド終了時点で連勝・連敗していると3連勝(連敗)で1金、5連勝(連敗)で2金、8連勝(連敗)以上で3金が貰えます。


あとは、得たお金を使ってまたキャラクターを購入し、強化し、盤面に配置してまた戦闘を行うというラウンドをプレイヤーの誰かが最後の一人になるまで繰り返します。


大体33~35ラウンドくらいで決着がつくことが多いため、30分~40分くらいのボドゲでいうところの“軽ゲー”です。


3.オートチェスの魅力


ここからボードゲーマーに刺さるオートチェスの魅力について語ります。


①リプレイ性の高いパーティー構築ゲー
 
オートチェスで勝利するために強いパーティーを構築する必要があります。
パーティーを強くするためには、大きく2つのやり方があります。


Ⅰ.同じキャラを揃えて星を増やす。

どのキャラもショップで購入した際は星が1つしかありませんが、同じ星の同じキャラを3体揃えるとランクアップして星が増えてステータスが大幅に上がります。
星2のキャラを3体集めると星3となり、ステータス的には星1の4倍のHP、攻撃力のキャラクターとなります。
なので、初めのうちはプレーヤーは手持ちのキャラクターと同じキャラクターがショップに出るとピックしていくことと良いでしょう。


Ⅱ.同じ種族・ジョブのキャラを揃えてシナジー効果を得る。

オートチェスのキャラクターは基本的に種族とジョブを1つずつ持ちます。
(一部のキャラは複数の種族を持つ場合もあります。)

この同じ種族やジョブの異なるキャラクターを揃えることでステータスUP等のボーナスを得ることができます。

同じ種族やジョブを集めれば集めるほど強力なボーナスを得ることができ、またボーナスは複合するので、種族ボーナスとジョブボーナスを最大限得ることができる組み合わせを目指してキャラクターを購入していくのがいいでしょう。


ⅠとⅡの二つのアプローチがあるため、毎回ショップに並ぶキャラクターをどれから購入しようか、と悩める楽しさがありますしうまく狙い通りの構築ができると脳汁があふれ出します。


枯山水で左右対称の完璧な庭を作れるタイル引いた時の興奮や7ワンダーで技術4セット決めた時の興奮をオートチェスでも味わいましょう。


毎ラウンド更新されるショップはさながら7ワンダーやテラフォーミングマーズでラウンド開始時に配られるカードみたいなのでドラフトゲーが好きな人にもお勧めです。


②勝ちに至るまでのパターンが複数ある戦略ゲー

オートチェスで勝つためには最強のパーティーを作る必要がありますが、そのプロセスに至るルートが色々あり、各プレイヤーの戦略が試される点もボードゲーマーに刺さるポイントだと思います。


お金の使い方が限られていますが、同じ盤面でもどのキャラクターを買うのか、レベルアップするのか、負けてもいいからお金を貯めて後半巻き返しを狙うのか、と各プレイヤーの取れうる戦略は様々になっているため、負けたら「あの時あーすればよかった」とついついもう一回プレイしてしまう中毒性を持っています。


キャラクターも際限なく購入することはできず、枠が限られているので枠がいっぱいの時に欲しいキャラが出た場合はどのキャラを売るか、というキャラ枠のやりくりも大変ですが面白い要素です。
しかもそのやりくりを基本的に30秒でやらなきゃいけないバタバタ感。


また、程よく運が絡むのもリプレイ性が出てボードゲーマーに好かれるポイントだと思います。


4.終わりに


この記事を読んで興味を持った方は、すぐにオートチェスをダウンロードしましょう!
オートチェスでは、フレンドと一緒にフリーマッチをできる機能もあり、最大で8人のフレンドと対戦することができます。
僕の棋士IDはYDEXLですので、フォロー飛ばしてもらえればフォローバックしますので、一緒にオートチェスで遊びましょう!!


おしまい

アクセスカウンター

プロフィール

キャッツ99

Author:キャッツ99
ボードゲーム、特にふるよにに
ドハマリ中。
技術向上に向けて大会レポ等の
記事を更新予定。
ラーメンガチ勢。

素敵すぎる西森博之風アントゥは
夢際さん(@_lastboy)に頂き
ました。感謝!

《自己紹介記事はこちら》

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR