FC2ブログ

6/29(金)DDT平日三拾一捨大会

珊瑚さん主催の平日大会に参加!
水曜のキャッツ杯でも調子が良かった刀騎爪でいざ参戦。
登録名は刀爪が強いことを示しながら他の組み合わせを誘導する「刀爪マジはんぱないって」で。


11名参加だったので階段崩れなければ最大4回戦ですなあ。


1回戦(対コンタさん)


初めましてな方なのでデータが無い分、怖い。


刀騎爪-刀忍爪


似たような3柱。
おそらく相手は騎抜きで刀爪が返ってくると思われるので忍爪返しても良かったのですが、まだ検証不足のため、ミラーならリテラシーに自信があるため、刀爪を返します。


刀爪-刀爪


とはいえ、初戦から刀爪ミラーやるとは思ってなかったんだけどw
ちょうどこの前日にきくしょーさんと刀爪ミラーやってたし、そもそも刀爪回した回数なら全国でもトップクラスの自負はあるので、迷い無く構築。


1巡目は初手呼び声と5距離で返ってきたターンに足捌き、斬、一閃、前進柄打ちまで決めてライフリードとゲージリードを取る。
そのリードをいかしたまま、風6雷4での強りっこから獣爪、風雷撃ぶちかまして2回目の再構成を許さず勝ち。


2回戦(対きくしょーさん)


…嫌な予感しかしない。


刀騎爪-刀傘爪


一瞬、刀傘返そうかと思ったけどそれやるのはフリプの時に検証目的でやるしかないよなあと思って傘カットの刀爪返し。


刀爪-刀爪


昨日君とやって僕勝った上にミラーはこんな感じで組むのが最適解だよねー、とかドヤ顔で言ってるんだが??
情報筒抜けでこんなんやってられっか!
と言いながらせっせと眼前構築。
ちょっと奇襲気味に組もうかとも思ったけど基本に忠実に構築。


お互い一週目からユリナのカードをぶんぶんしていく。
きくしょーさんは足捌きではなく風雷の知恵を採用していて、それはお上手だった。
お互いフレア4ライフ6くらいから攻撃を振るとライフ受けされて返しでリーサル届くんじゃないか、となって膠着状態になるw
ビビり過ぎて柄打ちすら振れなかったのは反省。

フレアを増やすために再構成を2回入れてトップで柄打ちと斬引っ張ってきてなんとかリーサル取って勝ち。


風雷の知恵の方が足捌きより良い場面多いな、という気づきが得られた。


3回戦(対のばさん)


階段であんまり引きたくないとこを引く。


刀騎爪-銃忍騎


相手から見るとほぼほぼ騎カットなので刀爪が返ってきます、と。
銃Xに対して刀爪やれるのかまだよく分かっていない上に、銃Xの中でもイカレテル銃忍と銃騎を相手にする気概は無く、忍騎だったら一撃のリーサルはやや低いため行けるかなと思い銃抜きで。


刀爪-忍騎


眼前構築はまあるく組む。

1巡目に相手は燃料使い切ってナーガにフォルムチェンジしてThallya’s Masterpieceも開けてくる。
再構成タイミングを遅延させつつ、相手の伏せ札が4枚のタイミングで熊介を食らっても返しでたぶん倒せそうだなあというガバい判断で4距離でターンを返すと相手が2焦燥オーラ受けから熊介。
一発は浦波でいなすも残りライフ3。
相手オーラ0なので、リーサル取れるつもりだったけど、Turbo switchで避けられるからこれダメだな^p^
とはいえ、一閃でTurbo switch吐かせて纏ってターン返す。


すると相手が纏わずにRoaringで燃料回復させてきてTurbo switch持ってますアピールしてきたので、流石にそんな都合のいいことは起きないやろってダウトしたらTurbo switchひけてなかったようで距離詰めて攻撃振って勝ち。


決勝(対れもんくん)


れもんくんとは初対戦。

とりあえず開幕、「もう22時だけど帰らなくても大丈夫?お父さん心配してるよ?」と先制口撃するも良く考えたらお父さん東京で遊んでたからノーダメージ。


刀騎爪-銃薙騎


なんか刀爪返ってきそうだなあ。
銃薙と薙騎どっちがいいかなあと思った時に流石に薙騎は辛すぎる未来だったので、銃薙を返す。


刀爪-銃薙


今日は三拾一捨という名の刀爪での通常選択大会でした。

さっさと1距離タッチすれば主導権握れるでしょ、と足捌きと風走り両採用。
流石に呼び声打つ余裕はなさそうなので、安定してゲージ上げれる風雷の知恵採用。
後は火力なんですが、そんなに近づけると思ってなかったから柄打ちも獣爪も抜いて圧気とか入れてた。


1巡目は2前進から相手のシュートラピッドオーラ受けからマグナムで2点取られるも実質斬食らってるようなもんだからそんなに痛くない。
風走り足捌きで一気に距離詰めて斬に対応返し刃、それは痛い。
とはいえ、一閃も振れたので悪くは無い滑り出し。

相手はバクステからヴァ―ミリオンで距離取ってラピッドをライフに入れようとしますが、それは浦波で阻止。
これで相手のリソースが大分削れたので良し。
風も貯まりそうなので後は、リーサルを取りに行こうとするのですが、途中で振った一閃を相手オーラ4あったのにライフ受け。
これで相手のフレアが4になる。
無理やり宿して雷螺風神爪を2回振れば勝ちだけど果て果ての匂いを察知してしゃがむことを選択する。
そしてその過程で相手のリーサルを遅らせるために天狗道を諦めて招来孔を使用して浦波を再起させる。
恐らくこれが相手にとって厳しかったようで、リーサル取れない中、こちらが1距離で貼った圧気を割りに来た薙切りをライフ受けしてフレアが貯まったタイミングで再構成から果て果てケアしつつ切札攻撃と手札の攻撃を叩きつけて勝ち。

実際、果て果て採用されていたので、途中でぶっぱしてたらあっさり敗退でした…。
危ない危ない…。


ということで、優勝して初のヒミカタロット獲得!!
これで今出ているプロモタロットはコンプリートできました。
(祭札限定のユリナは持ってないけど入手方法がほぼ不可能なので対象外)


6月は出だしが不調でしたが、刀爪に助けられてなんとか勝率も5割超えることができて一安心です。
7月は大規模大会に向かって練習しっかりしていきたいと思います。


おしまい。



スポンサーサイト

6/27キャッツ杯(随時3-1)

3回目のキャッツ杯は前回同様随時選択の三拾一捨というレギュレーション。
当日止む無く欠席となった2名を除いた6名での大会となりました。


1回戦(対幽さん)


刀騎爪-扇書薙


今日は全試合刀騎爪で戦うつもりで参加。
幽さんから渡されたのは古き良き3柱。
悩みながらも扇薙を返します。


騎爪-扇薙


サリヤで畏縮与えられるので、やや有利かなあと思いながら構築。

反復横跳びヤクシャが割と強いので、Julia’s Blackbox、Thallya’s Masterpiece、Omega-Burstにしてサリヤ寄せ構築を試してみる。
リソースを吹き飛ばすSteam Cannonも採用。


序盤はSteam Cannonブッパしながら相手の薙斬りをTurbo switchで躱してお互い再構成以外でダメ―ジ食らわず。
二巡目も相手の追撃がないことを読んで薙斬りをオーラ受けしたり、相手も詩舞と音無で守りを固める。
燃料を消費したので、徐にヤクシャを開けて相手のリソースを枯らすも返しで常世の月…!
次のターンRoaring回復から反復横跳びヤクシャしようとしてたので、これは激痛。
さらにここまで見えてなかった梳流しを打たれてライフレースも取られる。
しかし、じわじわとヤクシャと獣爪、流転爪でオーラいじめつつ、無音壁の返しにSteam Cannonで無効化したりしながら追いつめて時間切れになったタイミングで苦渋のOmega-Burst燃料全回復からヤクシャ叩き込んでライフ差つけて返しで相手も雅打ちからりっこを打ってきてライフ差同値になるも返しの僕のヤクシャ連打が受からないので投了。
なんとかかんとかの勝利…。


2回戦(対どくしょーさん)


6人大会なので階段。
今日は毒を使うらしいどくしょーさん。


刀騎爪-薙毒騎


とてもしんどそうだけど騎抜きが丸いかなあ。


刀騎-薙毒


ビート型ならりっこやろうし、Thallya’s MasterpieceTurbo switchは確定。
4距離で月影当たるし、月影入れてみてあとは丸くOmega-Burst。
てか3距離Burning Steamで1距離潜ってTurbo switchとSteam Cannon握って圧気貼るムーブ鬼強くない??って気づいてSteam Cannon採用。


先行とったので2前進したら1宿ししてきたからSteam Cannon打って勝ち。


決勝(対赤さん)


ライフを守るためにしゅさいしゃさん頑張りますよ!
実は新幕で初対戦でした。赤さんです。


刀騎爪-刀傘騎


サリヤカットしたいけど、刀傘は許しがたいし、刀騎は理解度あるつもりなので、傘カット。


刀爪-刀騎


完全に上から殴る構築。
刀騎は固そうに見えてTurbo switch使っていると簡単に燃料足りなくなるしRoaring積むと打点下がるので、難しいはず。

切札は風神爪、招来孔、浦波のド安定三枚。
間に合いそうなら天狗道まで入れたいけど、リーサル取れそうだったら臨機応変に立ち回るってのを最近学んだ。

1巡目は呼び声打ちつつ、斬、一閃、柄打ちまで打ち込んで風4雷1まで上げる。
相手の斬は追撃無いの見えたのでオーラ受けしてライフ差2点取る。
しかし、相手が再構成からShield Charge一閃引きとかいう犯罪してきたので、Waving Edgeと合せて3点取られた上にオーラも全部なくなる。
とはいえ、こっちも通常札伏せて纏ってたら勝てないので、多少ヤンキーしながら斬、一閃と振っていく。
オーラ2で返したら徐にSteam Cannonと言われる。

流石にライフ3点はきっついので浦波で対応。


これで相手のライフ6オーラ2フレア3ハンド1燃料1山札0で返ってくる。
相手がThallya’s Masterpieceを開けている状態なのでTurbo switchでステップ対応されるのはまあいいとして、ハンドが獣爪、風雷撃、柄打ち。(風8、雷2)
獣爪にTurbo switchで避けられ、前進風雷撃をオーラ受けしてくれたので、相手の切札がOmega-Burst、浦波両積みじゃなければリーサル取れるため、招来孔から風魔旋風2発、2発目にOmega-Burstが合せられるも風神爪がライフに入り、柄打ちでとどめを刺しに行くも対応浦波嵐。
まあ相手は切札ない上にこっちのライフ5点を通常札2枚で消し飛ばせるかというと無理なので、相手が2纏いしてきた返しにトップで引いた風雷撃で勝ち。


ということで、3-0でプロモタロットの流出を防ぎました!
刀騎爪で全ての組み合わせ使えたので、僕満足!
金曜日の公式大会でも頑張ってヒミカタロットゲットしたいです!


おしまい。


6/24(日)ひがっち公認大会(通常選択)

土曜に横浜で結婚式があったので、日曜も少し遊んでから帰ることを嫁に了解もらったので、ひがっちさんの大会に参加!
ヒミカタロット欲しいんじゃあ。


前日にぷよさんを川崎のカプセルホテルに呼び出して練習したりサッカー見たりしてほぼ徹夜かつ長時間の移動もあり、疲れてたけど八方に丸い騎爪でヒミカ取りに行きます。


1回戦(対しるさん)


騎爪-傘薙


爪おるしTurbo switchもあるから相手は中空で組んでくるだろうなあと考え、りっこを避けれるようにThallya’s Masterpieceと圏域をジャンプできる風走りを採用。


Burning Steam、Waving Edge、Turbo switch、Roaring、風走り、獣爪、流転爪
Thallya’s Masterpiece、Omega-Burst、風魔招来孔


結果としては、相手はクリンチ型。
Burning Steamは返し刃で対応されるわ、Waving Edgeを1距離で打って潜り込まれるわ、等散々な1週目を経て一発目のつきさしはOmega-Burstで防ぐもライフレースはトントン。
二回目のOmega-Burstと風魔天狗道構えればまあ勝てるでしょ、とプレイするもののフレアちゃんと貯まってないのに天狗道入れてOmega-Burst未使用にした安心感からオーラ3手札0でターン返すゴミプレミ。
当然ゆらりび打たれて負け。

要要要反省案件。


2回戦(対もりもとさん)


騎爪-扇毒


何やってくるのか分からないので、普通にビートで組みつつ雑にOmega-Burst2回やる構築と困った時のJulia’s Blackboxを添えてみる。


Burning Steam、Waving Edge、Roaring、風走り、獣爪、流転爪、風雷撃
Julia’s Blackbox、Omega-Burst、風魔招来孔


相手は初手毒霧をしてきた以降はひたすらライフ受けしてくる不気味な挙動。
生きる道の可能性が高いなあと思ってダスト枯らしながらNAGA開けるタイミングを探る。
生きる道のために天雷をいれとく方が丸かったなあ。

相手からの攻撃は無く、時折対応雅打ちされるのをダスト増えるの嫌ってライフ受けするくらい。
Waving Edge等でライフ差取った後は頃合い見てNAGA開けようとしてたんですが、ダストが枯れたタイミングで獣爪と風雷撃がライフに入った返しに相手のライフ1で千歳の鳥が飛んできたのでOmega-Burstで防いで返しでライフ削って勝ち。


3回戦(kyoさん)


騎爪-書薙


扇動、響鳴共振は絶対に許されるべきではないので、Thallya’s Masterpieceイン。
りっこ型でも森羅判証型でも果て果ては入るスペースないはずなので雷螺風神爪イン。
さすがにOmega-Burst無いと燃料不安だから入れたけど森羅判証対策にもなるJulia’s Blackboxでも良かったかも…?


Waving Edge、Roaring、Turbo switch、風走り、獣爪、流転爪、風雷撃
Thallya’s Masterpiece、Omega-Burst、雷螺風神爪


1巡目は詭弁をケアしつつ2着地する。
1巡目最後に立論でダスト作られて上手だなあと思ってたら再構成からの天地反駁。
これ森羅判証型くさいなあと思いながら前進してThallya’s Masterpiece開けて立論とかもTurbo switchで解決できるようにする。
ライフ差自体は相手の反駁衝音晶+立論の山札攻撃ととWaving Edge+流転爪でトントンで進んでいき、森羅判証されると捲りきれないなあと思ってたんですが結局森羅判証型ではなく、響鳴共振りっこ型だったため、Thallya’s MasterpieceTurbo switchだけでりっこを全弾回避することができ、相手の攻め筋がなくなったところで獣爪でオーラ飛ばしてからの雷螺風神爪3/2で勝ち。

森羅判証型だと削りきられてそうなので、もうちょっと研究しなきゃいけないっぽい。


騎爪は切札選択も通常札選択も幅が広いので考えることが多すぎて疲れ切った体には向いていませんでしたが、久しぶりの大会楽しかったです。


ヒミカタロットは未所持なので、次回も優勝目指して頑張りたいと思います!


おしまい。


6/13(水)キャッツ杯(随時選択3-1大会)

僕の余剰プロモタロットがある限り続く非公認大会。
なんとか優勝してライフを温存したいところ。


今回は7/28の大規模大会を見据えて随時選択の三拾一捨大会にしてみました。
自分の中でも試したい3-1の組み合わせが複数あったので練習の良い機会になればと。


1回戦(対おんしんさん)


ひゃーあやしいおじさんだあ。


刀爪(書)-薙書(傘)


体が刀爪(とうそう)を求める組合せ…!
刀書がかなーり怪しいから練習したいなあ、と。

書ミラーやりたくないけど、なんか書爪でも刀書でもなんとかなりそうだったし薙書返す。
ステップ対応無い刀爪帰ってきたら傘がさすがに重い。
そしたら帰ってくる刀爪。

扇動、反論、果て果てと対応もりもりなので気炎ワンキル型は却下。
地道に削る方向で。


足捌き、圧気、呼び声、斬、柄打ち、流転爪、獣爪
雷螺風神爪、風魔招来孔、浦波嵐


足捌きはゲージ上がるし圏域対策にもなる強カード。

序盤は2前進に対して1後退で返すスタート、気分が悪い。
相手に薙でライフ取られるも斬から神カード足捌きで2着地して獣爪とかも振っとく。
相手の再構成から薙飛んできて流石に八方と薙セットで引いたらダメでしょーっていってオーラ受けしたら八方飛んできてキレそうになるも互角の立ち回り。
計略がずっと神算で扇動で流転爪避けられ続けてこれ森羅判証ルートっぽいなあと思いつつも一向に論破が飛んでこず、森羅判証が開けられない。
途中、圧気を貼ったのに柄打ち手札に持ったままにしたせいで引用で使われたりガバプレイはあったけど、最後相手の果て果てケアしつつ強りっこ(雷螺風神爪×2、風魔旋風)ぶちかまして勝ち。


2回戦(対きくしょーさん)


さーて刀傘はいいぞおにいさんかあ。


銃騎(爪)-刀傘(忍)


書マストBANすれば強そうな3柱
トップメタだと思ってる忍爪Xにも強く出れると思料。

刀傘に全部勝てると思うんだけどなあといいつつ返す。
銃騎相手なら刀傘有利ですよ!って言われたのでせっかくだし、ほんとに刀傘返す。
真面目にやると忍傘相手なら全部有利っぽいけど忍相手したくないんだよなあ。


シュート、マグナム、バクステ、バクドラ、Burning Steam、Waving Edge、Roaring
Alpha-Edge、イマジン、レッドバレット


Turbo switchなんて積む枠無いんだよなあ。
初手Roaringでリソース潰してから1巡目ラストにAlpha-Edgeとバクドラ絡めて3点くらい取ってイマジンから削りきれるっしょ!てな感じの構築。


じゃんけん勝ったのでRoaring引きにいくための3マリガンしたのに引けない^q^
きくしょーさん呼び声もボトムに埋めるし特殊な訓練受けてるのでは???

しゃーないから1宿しとかでごまかしつつ、1巡目終わりにバクドラ絡めた連撃打とう思ったんだけど先に相手からしこみはらり斬飛んできてライフ3飛び散る。
でこっちは頭悪くてバクドラをBurning Steamにかけちゃったせいで、シュートとWaving Edgeの2点しか入らない。
どう考えてもWaving Edgeにかけなきゃダメでしょ。

浦波とくるりみかさまわしが強くてイマジンから連撃打つも全然足りずに負け負けー。
とはいえ、銃騎初めて握ったけど丸く強そうだったし練度高めていきたい。
しゅさいしゃさん、ここで敗退。


3回戦(対グリーンさん)


初めましてなグリーンさん。

KU会とかで新幕バリバリ回している方。


刀爪(書)-刀薙(扇)


一度負けたのでまた体が刀爪を求めてしまった…。

雑に刀薙返したけど、どれ帰ってきても刀扇返した方が丸かったかも。
というのも刀爪だと果て果てケアがマジ重いし、浦波果て果てとかやられたら結構詰むんだけど。
ってことに眼前構築中に気づく。
まあ浦波果て果てはピーキーすぎるからないっしょ!
刀扇なら果て果て気にせず気炎からぶんぶんできるし相手のリーサルも刀薙より低いし天狗道で1距離潜って流転爪と獣爪振れば通常札対応効かないし。


足捌き、圧気、呼び声、知恵、気炎万丈、獣爪、風雷撃
雷螺風神爪、風魔招来孔、浦波嵐


まあ気炎ワンキル型組むよね。
ちゃんと呼び声引けたので呼び声スタートから足捌き、圧気、知恵、足捌きの完璧スタートで風5雷1まで上げる。
2巡目も雑に呼び声打ったりしながらゲージ上げに注力。
途中居合をライフ受けしながら風10を達成し、天狗道引き入れて気炎万丈展開。
相手の斬を天狗道で2距離へ移動して躱して相手の手札0から果て果てケアしながら浦波果て果てでも殺されない手順で打ち切って勝ち。

ということで2-1でなんとか勝ち越しでした。
レギュレーションも割と好評だったので次回大規模まではこのフォーマットで開催していこうと思います。


おしまい。




ふるよに3-1リーグ戦のんのんカップ(決勝リーグ)

予選リーグを苦しみながら3連勝で勝ち抜いたキャッツ侍。
その行く手を妨げるのは第1回のんのん杯準決勝でも対戦したふるよに界の生ける伝説tot神なのであった…。


【3-1考察】
totさんは予選で2戦とも忍騎爪を使用。
これは非常にパワーのある組合せで僕も使おうか迷っている3-1です。

騎は応用力も高く忍騎、騎爪は攻防に優れた組合せなので忍爪に有利が付きそうな3-1を選びたいと思います。

書がいないのであれば銃をからめた上で爪に強く見える扇を入れた銃扇爪を考えたりしましたが、先日思いついた気炎型の刀扇が使ってみたくなり、刀扇爪で行ってみることに。

扇で爪を捌く練習をしたかったし、刀爪も不利ではなさそうな認識だったので。


【双掌繚乱】
対面は予想通り忍騎爪。
こちらの刀扇爪を見て「あれ?ブログ見たけど扇なんて使って無かったでしょ!」「露骨やなあ!」と言われながら2柱選ぶ。


刀扇-忍爪


こちらは忍爪返却の一択。
何が返ってくるかなあと思ったら刀扇。

よし、いっちょ頑張るかあ!


【眼前構築】
相手の攻撃を捌きながら最後に気炎で蓋をして勝つプラン。
しかし、ほんとにこれで行けるんか?と思いながら構築…。


柄打ち、斬、圧気、気炎万丈、雅打ち、詩舞、風舞台
久遠の花、浦波嵐、月影落


【実戦】
1巡目はなんとかして斬をライフに入れたかったがtotさんお上手すぎてライフに入らないタイミングしかなかったため打てず…。
これなら梳の方が良かった説。
逆に鋼糸、獣爪と殴られてテンポ取られてもう赤信号。

設置影菱を気合のオーラ受けとかするもあっさり獣爪で2点取られる。
しかも流転爪で戻って犯罪かな?
おかしいなあ…詩舞と雅で弾きまくる予定だったのに…。

相手が風雷撃、獣爪と使って伏せ札が1枚のタイミングで雅握ってオーラ3気合の圧気を貼るも再構成設置影菱から雷螺風神爪に浦波吐かされて素打ち影菱で圧気割られる。
素打ち影菱してくれたから再構成の圧は減ったぞ!と思ってたら流転爪飛んでくる。


そのカードほんまズルですねー。


ことごとくテンポ取られてたまま打開することできずに最後はオーラ5から獣爪をオーラ受けしたところで誘導鳶影影菱でライフ2点削られてfin


地力の差が出た対戦でした。

構築のところを見直すなら要返しが必要だったのと、忍爪相手だとさすがに気炎貼る暇無いから大人しく一閃とか入れとくべきでした。

一度も雅打ちで打ち消せなかったらそら負けるよなあ^q^
次はリベンジできるように猛特訓や!


3位決定戦(対くまねこさん)


傘騎(爪)-忍毒(騎)


忍爪Xを刈るための3-1を考えて第一候補の傘騎爪を投げる。
相手の忍毒騎は秒で騎抜き。

眼前構築では、ゆらりびをあてに行くのは少しリスキーかなあと思って中空構築。

しこみ、はらり、Waving Edge当てて設置かわせば勝てそうだなあと。
ふりたぐShield Chargeも強そう。


しこふく、ふりたぐ、ひきもぐ、Waving Edge、Burning Steam、Shield Charge、Turbo switch

はらりゆき、Omega-Burst、Thallya’s Masterpiece


実戦では、お互い中々前進しない中から3宿し、生体活性納1、壬蔓、滅灯毒のコンボぶちかまされる。
分かってはいたけど、これやられても適切に滅灯毒飲めれば、相手の切札攻撃の圧も無いし返しに3点取れたのでOmega-Burst、Turbo switchを信じて逃げ切り体制を整える。

(実際には滅灯毒2枚はゲロ吐きそうなほどきつかった)


2枚目の滅灯毒が飛んできたところでうまく処理するも毒針が避けれず更にリソース削られたところから飛苦無で2点取られて更に鋼糸も直撃するタイミングがあり、ライフレースがトントンに。

Thallya’s Masterpiece開けてTurbo switch握ったタイミングで再構成から滅灯毒2枚ドローしてそれを2枚破棄してオーラ1で返すヤンキープレイしつつ、返しの攻撃をTurbo switchでいなして手札を揃えながら山札4枚のうち、ひきもぐ以外の攻撃札引いてきたら勝ちでしたが引けず。
きっちり詰められて負けです。


とても悔しい負けでしたが、学びも多かったので良きかな。
傘騎は初めて握りましたが、2幕に近い感覚で試合運びができるので僕好みなんですが、1手判断ミスすると死亡する危険性もあるので、胃がやられそう。


ということで第2回のんのん杯はリーグ抜けするものの決勝では勝てずに4位という結果に終わりました。
7月の大規模に向けたとてもいい練習になりました。


次もあれば、優勝目指します!!


おしまい。



ふるよに3-1リーグ戦のんのんカップ(予選リーグ)

のんのんさん主催のリーグ戦。
今回のレギュレーションは随時選択の3-1。

参加者は前回から増えて17人。


4グループに分かれて各グループから1人ずつ勝ち上がり、決勝トーナメントを戦うことになります。

僕が振り分けられたのは、グループCで対戦相手はD.Sさん、オボえもんさん、のんのんさん。
前回大会の決勝トナメ進出3名の熱いグループです。


1戦目(対のんのんさん)


ベロベロに酔っ払ってたけど、早速対戦。
刀爪のすごく強そうな構築をおもいついたので、刀爪使わせてくれそうな刀傘爪を選択。


傘爪(刀)○-×傘鎚(扇)


こんなん扇マスト以外あり得ないやろ。
てか爪相当強いから扇採用するのはありよりのありやなあ。

構築はゆらりび2発打つデッキも考えたけど、大人しく雷螺風神爪2発叩き込むデッキに。


しこふく、ふりたぐ、ひきもぐ、獣爪、風雷撃、風雷の知恵、呼び声
雷螺風神爪、風魔招来孔、はらりゆき


初手呼び声が強すぎ。
ひきもぐ空打ち風雷の知恵とかしながら風ゲージを上げていく。
普通に相手が組んだら鐘ならしの枠が無いはずだから天狗道さえ入れてしまえば相当固くなるので一直線に風10を目指す。
しこみばりが6距離で打てるの忘れてて攻撃食らうも返しのターンにしこみ、ふりたぐで風4雷3まで上げて2距離で風雷撃。
(ここが疑問手、風10を目指すためにも風雷撃を無理して打たずに風6まであげて天狗道を取り込むスピードを上げた方が良かった)

風雷撃を相手がオーラで受けたため、相手は次のターンの相手はしゃがみ。
僕も手札使い切ってるので、ドローしてパス。
そしたら飛んでくる遠心撃。
オーラ5で受けると以後、何もできなくなるのでライフ受け。

返しにしこみはらりでライフ取り返す。


このへんでさっきの風雷撃のために雷あげたのを後悔しだす。

ライフレースはほぼ五分な状態であいてからしこみびを起点としてしこみはらりを浴びる。
この時点でほぼ相手の残り切札2枚のうちくるりみは確定。
かさまわしが見えているためほぼ浦波嵐なの辛い。
更に残りの切札が大天空だと簡単に3/2が飛んでくるため、しんどい。
激弱切札と名高いメガロだったとしても辛いなあと思いつつ、下手したら返しで死ぬけどハンドに獣爪と風雷撃持って3距離まで詰めて傘開けてターンエンド。
相手からするとひきもぐ持ってるようにしか見えないためしこみび打つには6距離まで行かなきゃいけないようにする。
この時点で風ゲージは9…、まじで序盤の判断ミスよ。
なんとか相手のターンで死なずにすんだので、あとはひきもぐと知恵のどちらか引ければリーサルだなあと思ってたらひきもぐ引いたので、天狗道引き入れてからリーサル計算に時間かかったけど、無事に削りきって勝利。


2戦目(対オボえもんさん)


忍絡読みで書を添えて刀爪を誘導する作戦。


刀爪(書)○-×薙毒(忍)


読みは外れたけど刀爪を誘導することには成功。
満を持して気炎万丈型で組みたいと思います。


獣爪、風雷撃、呼び声、知恵、足捌き、圧気、気炎万丈
雷螺風神爪、風魔招来孔、浦波嵐


毒針避けれないけど、こっちは2距離張り付きなので全然問題無い。
序盤からガシガシ風を上げていくも風雷撃を打つ色気が出て雷を上げてしまう。
相手のリーサルもりっこ流転からそこそこ高いため一心不乱に風上げなきゃだめだこれ。

とは言いながらとにかく2距離で気炎以外のカードを振って風を上げる簡単なお仕事だったのですが、風が上がりきらないままライフが少なくなってきたため、一か八かライフ4から気炎万丈発動!

相手は削りきれないと判断し、しゃがんで帰ってきたので、あとは遁術の後に詰めれる足捌きさえ引けば勝ち…!
…引けないのかい!

うーん…遁術持ってなかったら流石に勝ちやけどそんなことないだろうし…。
てか流石に返しのターンで殺されるよなあ…。
と諦めの境地で雷螺風神爪振ると当然の遁術。
てか遁術食らうんだから切札じゃなくて通常札切ろうな?

この盤面で相当勝ちは薄くなったんですが、一応ギリギリもっかい気炎貼れればワンチャンあるので、風を上げながら耐える。


相手の手札の廻りが悪かったこともあり、ターンが返ってきたので、響鳴共振ケアしてたら響鳴共振があってもなくても負けなので間合い2オーラ5で居すわって風雷の知恵で気炎万丈戻しつつ、浦波発動して無理やり風ゲージを10まで上げて天狗道引き入れつつ、風魔纏回で浦波再起させる!
ただしさっき雷螺風神爪打ってしまった関係でフレアが少ない…!

さすがに相手も気炎の前に天狗道を吐かせようと後退からりっこ発動。
ほんとに耐えられるのかなあと思いながら天狗道で0距離潜って気炎を再度発動。
相手は遁術から八相振りを打ってきて流転と合せてリーサルだと思ってたようでしたが、風魔纏回による切札コスト減効果を見落とす痛恨のガバ。
浦波で八相振り2発目を無効化した返しに2/3風魔旋風と6/3風雷撃を叩き込んで勝ち…!


3戦目(D.Sさん)


これまでのリーグ戦履歴を見ると2戦とも刀薙鎚だったので、クリンチする傘入れて刀爪を誘導。


刀爪(傘)○-×刀薙(鎚)


果て果てと浦波両方あるのめんどいから良く考えたらぶっちゃけ刀鎚残した方が良かった説。

まあ例によって気炎ワンキル型。


2戦目と全く同じデッキ構成。

この日は前回の反省を生かして風をグイグイあげる。
さっさと風10に上がったら天狗道引き入れて気炎万丈を展開。
相手から攻撃飛んでこなかったので、そのまま即死コンボ叩き込んで勝ち。


ということで、3戦3勝で決勝トーナメント進出決定!
のんのん杯リーグ戦2連覇目指して決勝トーナメントも頑張ります!


おしまい。


5月対戦成績振返り

新幕からフリプ含めた対戦成績を記録しているので、月ごとに振返りをしたいと思います。


【新幕戦績まとめ】
5月全戦績 50戦39勝11敗
うちフリプ 35戦25勝10敗
うち大会  15戦14勝 1敗
※大会にはネット上での非公式大会(のんのんリーグ)やキャッツ杯も含む


5月はとても調子が良い月でした。
ゲームマーケットでの発売直後からいろんなデッキを考え、分からん殺しができたのと色んな人と考察する場が増えたので新幕の理解が思ったより早く進み、強い爪をぶんぶんできたのが要因と思います。


【使用したメガミ、対戦したメガミのまとめ】


使用メガミと勝率は以下の通り


02.jpg


圧倒的爪使用率。
次いで書、騎、銃。
扇、傘、毒、鎚はほとんど触っていないです。
使用率の高い爪は勝率も高くなっています。



続いて対戦相手の使用メガミと僕から見た勝率です。


01.jpg


意外にも刀との対戦が一番多く、次いで忍と爪が同数。
爪への勝率が著しく低い点が目立ちます。
やはり爪は強い…。


【余談】
6/4が初のバランス調整日でしたが、特に調整はされず。
新幕が始まったばかりですし、「やばい絶対壊れカード!」とまでなるカードは無かったので妥当な判断。


7月末に大規模大会が控えていることもあり、おそらく次回更新時も調整はされなさそう。
(6/10の交流祭でやばいコンボが見つかったら修正があるかもですが…)


個人的な意見を垂れ流すなら書、爪にはなんらかのナーフをしても良さそう。
鎚はもう少し優遇してあげてもいいのでは?
(大規模大会での使用率と上位率に注目したいですね…)


大規模大会に出れるかどうか分かりませんが、最善を尽くしたいとは思っているので、出られる前提で3-1の練習と考察を進めていきたいと思います。



おしまい。



アクセスカウンター

プロフィール

キャッツ99

Author:キャッツ99
ボードゲーム、特にふるよにに
ドハマリ中。
技術向上に向けて大会レポ等の
記事を更新予定。
ラーメンガチ勢。

素敵すぎる西森博之風アントゥは
夢際さん(@_lastboy)に頂き
ました。感謝!

《自己紹介記事はこちら》

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR