FC2ブログ

5/30(水)非公認大会(キャッツ杯簡易神話大戦)@DDT

簡易神話大戦をしたいと僕が言ったから5/30はキャッツ杯記念日


新幕で色んな対戦をやりたいと思ったので企画。
無事に8名集まったので、開催です!


使用メガミは
刀銃扇書絡爪


刀爪の暴力と書絡の理不尽と銃扇の意外性をそれぞれ使いたくて選出。


1回戦(対きくしょーさん)


初戦から厳しいとこ引くなあ。


き:刀銃傘書騎爪
僕:刀銃扇書絡爪


お互い銃と書を持っているので結構読み合いが難しい。
騎もあるので流石に銃扇は切れず、初見殺し感もある刀爪を選択。


刀爪○-×書騎


ほんとは気炎万丈OTKデッキ使うつもりだったけど扇動もTurbo switchもOmega-Burstもちょいと辛いなあ。
眼前構築中もナーガでフレア吹き飛ばしますよとか煽られるさあ^q^


獣爪、風雷撃、流転爪、柄打ち、圧気、足捌き、呼び声
雷螺風神爪、風魔招来孔、浦波嵐


まあ相手もそんな早くないし、呼び声から風6雷4にしちゃってフレア6の強りっこ(雷螺風神爪2発、風魔旋風)から柄打ち獣爪とかでリーサル取るプラン。
反論や扇動で躱される風雷撃を流転爪で戻す作戦。


初手はとりあえず呼び声ひくために3枚マリガン。
…引けないの弱すぎひん?(怒)

しかも後攻なので相手の挨拶2前進を許容しなきゃいけない上に詭弁で呼び声落されることまで確定。

しゃーないから2前進足捌き圧気でゲージ2個貯める。
当然のように詭弁であいたたた。
更にこちらのオーラ4から3距離で相手からBurning Steam、Waving Edgeと振られる。
Burning Steamオーラ受けするとShield Charge受けられないから苦渋のライフ受け、Waving Edgeは尚更。
この時点でライフ差は3ついてるのやばない??
しかも造花結晶で間合いが守られて詭弁がもう一発当たる…。

とここまでは良いようにやられてたもののこちらも圧気で圧を掛けつつ柄打ちでライフを取って獣爪でオーラをいじめる。

相手がもう1発Waving Edgeうってきたのでオーラ受け。
燃料無くなったらさすがにShield Chargeケアしなくて良いし。
しかし燃料無くなったため、ナーガが怖い…。
Julia’s Blackboxを牽制する圧気を置いてどーすんの?とやるも無情に開けられるナーガ。
吹き飛ぶフレア。
これはあかんなーと思ったものの僕のカットがうまくて壮語がデッキボトムに落ちる事態。
途中風雷撃を反論でいなされて流転爪でトップ戻して喜んでたらナーガで落とされて^q^ってなるも再構成から風雷撃引き直して柄打ち始動の連撃でリーサルとれて勝ち…。
辛い戦いだった…。


2回戦(対のばさん)


の:刀銃書絡
僕:銃扇書絡


ほぼいっしょやんけ!!
お互いに書があるから銃と絡が選出しずらいため、必然的に扇書対刀書になる未来…。
天地反駁軸を止めるのがしんどそうだけど流石にまだ扇書がいいのかな?
書絡で枢式で森羅判証パクッてダブル森羅判証やるのも楽しそうだったけどさすがに自重。


扇書○-×刀書


知ってた。
これ詭弁がなんかいいタイミングで当たるかどうかゲーでしょ?
天地反駁軸相当辛そうに見えるなあ…。


壮語、引用、詭弁、反論、論破、風舞台、雅打ち
森羅判証、皆式理解、久遠の花


詩舞入れて雅と握って確実に攻撃潰すのも考えたけど引用のせいで雅構えるのゲキムズなんだよなあ。
まあ天地反駁圧気してきたら気合で引こう…。


実戦では、僕の詭弁が当たったらなぜか相手の詭弁で僕の詭弁が使われて、でも僕が論破で詭弁を封印してたらこっちの詭弁が当たって…と闇のゲームしてるが相手の天地反駁が開く気配が無い…。
からの完全論破で雅打ちを封印してきた。

おっと、さすがにそれはテンポロスでは?
返しでこちらはオーラ0だけど風舞台から不正にフレアを2つ送って森羅判証発動、当然開幕からずっと握っている壮語をプレイ。
相手は完全論破開けたせいで森羅判証をしばらく発動できない上に壮語がボトムに沈む事故。
お?さっきも似たようなことあったな?

こちらがグリーンバレット(壮語)をこすり続けていると遅れて相手も判証起動。
ここで相手に底力も月影もないことが分かり相当気が楽になる。
相手は壮語と論破しか付与無いけど、こっちには納2の神カード風舞台がある上に久遠も構えられるので逆転されることなく勝ち。


天地反駁ルートならきつそうでしたーとか言ってましたが、即破棄圧気させなければ風舞台で0距離潜ったり雅打ち引き込んで合せたりできるし、そこまで不利ではないかも。
今回の判証はダスト増やした方が強いから久遠先打ちでもいいし。
扇書は変わらず強そうですなあ。


決勝(対soraさん)


自作自演まであと一勝…!


銃絡×-○傘薙


パッと見、有利では?と思ったけど、主戦場が4-6でがっつり打点取れる傘薙の方が強いに決まってるなあ。
構築考えれば考える程、何も通らない未来しか見えず、迷走に迷走を重ねる。
1巡目になんとか3点取ってからあくせらーフルバから5点取るルートかなあ…とか言って作ってたけど、レバレとどれでびでりふれくた貼れるの強いかも…、あ、これなら枢式できるな?
まあさすがにイマジンでいいか。
あ!時間だ!


シュート、マグナム、ラピッド、バクステ、もじゅるー、りふれくた、あくせらー(??????)
イマジン、レバレ、どれでび


怖い話ですねえ。
全力が無いのにあくせらー積む人がいるんですよ…。

あとのことは覚えていませんねえ。
気づいたら律動弧戟が全弾ヒットして爆発四散してました。


ということで2-1で残念ながら優勝ならず…。
悔しいですが、思いっきり練度不足で眼前構築するレベルに達してなかったのでしゃーなし!


色んな組合せで戦えるし選出の読み合いも楽しいし、やっぱ簡易神話大戦楽しいわー。

次回は6/13(水)に簡易神話大戦形式でやるか、1柱固定の相棒大会やるか迷ってますが、どちらかはやると思いますので、また参加いただけれるとありがたいですー。


残りユキヒライフ5なので、どこかで補充もせねば…。


おしまい。



スポンサーサイト

5/25(金)新幕随時選択大会@DDT

新幕始まって初の大会参戦!
レギュレーションは随時選択ということで、対面の人メタしながら基本は八方に丸い騎爪を持ち込むつもりで参戦。


14人大会ということで階段が2回崩れなければ4回戦決着となります。


1回戦(対幽さん)


初戦からいきなり幽さん。


ほぼほぼシンラ確定なので、騎爪よりも忍爪の方が流石に強そうだなあ、と早速人メタで当初の方針変更。


忍爪○-×刀書


出てきたのは刀書。
ん?書X絶対殺すマンだと思ってたけど刀書相手にどうなんだろうか、大分怪しいぞ…?
ダストを徹底的に枯らして2距離粘着すれば大丈夫そうに見えるけど…と考え以下の構築。


獣爪、流転爪、風雷撃、忍歩、影菱、鋼糸、誘導
雷螺風神爪、鳶影、熊介


実戦はとにかくダストを枯らしながら前進。
詭弁が怖いよーと言ってたけど飛んでこず。
1回目の再構成は忍歩鋼糸で距離詰めつつ攻撃。
お相手は2距離から立論、反論でダストを作りながら柄打ちを振ってくる。
柄打ちは丁重にライフ受けしながらこちらも獣爪で作ったダストをガシガシ枯らしていく。
毎再構成での影菱を防ぐ手だてもなく、ライフリードを取ったタイミングで相手が無理やり気味に森羅判証を展開。
更に次のターンに天地反駁も使用。
おっとやべえなと思うもこちらのライフは潤沢で相手のオーラが非常に薄く、圧気即破棄もできなそう。
最後は圧気、壮語貼って反論でダメ取ってきて次のターン5点飛んできて終わりですよって宣言されるも相手に浦波のフレアが残っておらず、ライフ削りきって勝ち。


2回戦(対えるさん)


大阪にきてからグッと交流が増えたえるさん。
1柱ランダムとかやりだしたので、この場面こそ八方に丸い騎爪の出番や!と思うもなんか書薙使いたくなったので書薙選出。


書薙○-×傘騎


むむむ。サリヤはあかんなあ。
常々言ってますがThallya’s Masterpiece+Turbo switchで律動弧戟避けられる以上、ビート型はほぼ組めません。
押し付け扇動販売から犯罪響鳴共振律動弧戟やりたかったけど諦めて森羅判証ルートを目指します。


詭弁、立論、反論、壮語、圏域、衝音晶、扇動
森羅判証、天地反駁、皆式理解


天地反駁ルートを併用して圧を高める構築。
相手がThallya’s Masterpieceを開ける関係上、ダストはできるので天地反駁を無理なく開けて反論、衝音晶でダメ取りつつ、3カード叩きこみながら壮語デッキトップ戻るのつよつよー。ってな感じ。
さすがにゆらりびケアで扇動はイン。

実戦では、ご挨拶で詭弁当てたら早々にThallya’s Masterpiece開けられてしこみばり飛んできたのでライフで受けて再構成から天地反駁。
そしたらWaving Edgeで0距離ですとか言ってくる。ズルでは?
立論ぶち込めなかったけど反論と衝音晶でライフ取って森羅判証のタイミングを伺う。

ダストを守るために壮語を神算で使った際に、これ一回鬼謀にしたら相手のリソース奪えて強いのではとか考えてしまい、鬼謀にしたんですが、「ん?これ気軽に判証壮語って言えなくなった上にゆらりび避ける手段無くなったのでは??」となり、悶絶。
と思ってたけど、結果的にダストが枯れて森羅判証後、ダスト1個載せてから破棄することで相手の攻撃札を一枚落しながら集中を2個減らすことに成功し強いムーブに変化。
壮語の後に衝音晶即破棄することで、1纏いできて相手ライフ残り1点だったためふくみばりまでは受けれてゆらりびは躱せるので、なんとかなって勝利。


実はゆらりび扇動で避けたあとにShield Charge振られると負けだったんですが、Shield Chargeがボトムに沈んだおかげでの勝利だったので、ほんとギリギリの結果。
危ない危ない。


階段が崩れたため、この時点で全勝は3名(僕、soraさん、テトまるさん)。
階段引きたくない!


3回戦(対テトまるさん)


強い願いが通じて階段回避。
なお階段となったsoraさんは実質他13名が敵に。


テトまるさんは二幕時代は刀を使われていた印象。
この日は銃騎、毒騎とサリヤメインで勝ちあがってこられてました。


さすがに事実上の決勝だし満を持して騎爪を投げようかと思いましたが、サリヤミラーやりたくなかったので、銃にも毒にも割と強そうな書爪投げてみることに。


書爪○-×毒騎


お相手の選出は毒騎。

このマッチだと爪の攻撃がTurbo switchと遁術でいなされるのが辛いので、森羅判証軸で組むことに。

構築は以下のとおり。


詭弁、立論、反論、扇動、引用、壮語、論破
森羅判証、皆式理解、風魔招来孔


相手は手札を揃えてラッシュをしてくるけど一撃のある切札は無いので、扇動と反論でいなしつつ、さっさと森羅判証開けて壮語ロックしてついでに論破でも1点与えて、当然詭弁は入るよなあって言ってたら通常札が全部シンラになりました^q^
最後の相手のリーサルまでに風魔天狗道入れれば簡単には死なないので、切札に風魔招来孔だけ入れていざ勝負です。
風雷ゲージもひたすら風上げればよいので頭の悪い僕にも親切な設計となってます。


さて、実戦ではいきなり弛緩毒投げてきてくれたので、いいの?森羅判証の弾になっちゃうよ?と煽りながら詭弁振ったり、引用でWaving Edge伏せたり悪行の限りを尽くします。
(なお、当然弛緩毒は弾になりませんでした)

相手も初手Roaringで僕の集中を強奪してきたので犯罪係数ではおあいこなんですが、Roaringで消費した燃料を回復しないプレイ。
これはほぼほぼJulia’s Blackboxだし、ほぼほぼヤクシャだなーと思いながら燃料0で返ってきたターンにヤクシャじゃなかった時のデメリットが辛すぎるとか謎の理論でハンド2枚のまま相手に返したら当たり前のようにヤクシャ^q^
なんですが、相手の切札が残りAlpha-Edgeと流転が見えていたため「Roaring完全論破したら君基本行動何もできなくなるけど大丈夫??^q^」と煽るも完全論破なんて積めるシンラリテラシー無いんだよなあ。

とはいえ、相手のヤクシャは結局燃料無ければ、辛い攻撃は飛んでこないし、Shield Chargeさえ扇動で避ければ致命傷とはならないため、森羅判証壮語ロックから天狗道迎え入れて相手の攻撃全部いなして勝ち。
シンラとかいうメガミ1柱で完成されすぎでは?


一方階段卓ではsoraさんの忍爪を赤さんの銃騎が蹂躙してました。


ということで無事3回戦で終わり、優勝しました!
DDTでの平日大会は前回の簡易神話大戦に続いて2連勝ですなあ。


騎爪は次回どっかの通常選択で使います。


おしまい




5/20(日)第二幕団体戦

オボえもんさんが開いてくれた最高に熱いレギュレーション!
普段は競い合ってる強敵とチームを組むなんてエモすぎるでしょ!!


チームを組んでくれたのは、たひてふさんとおんしんさん。


まず固定メガミと自由メガミを考察。
3人で作戦会議を行い、自由枠にメタ能力の高いメガミを採用した方がいいと考え、自由枠を銃薙騎に。
この自由枠に合せる形でデッキパワーが高く練度も高い組合せを考えるとたひてふさん忍、僕傘、おんしんさん絡で行くことに。
僕の傘薙はちょっと怪しいけど銃傘、傘騎ならまあなんとかなるやろ。
おんしんさんの絡も毒とか書とか苦手やけど、団体戦の自由枠に入れてこないだろうから大丈夫やろ^q^。


チーム名はキョウカちゃんリスペクトの「あやしいへんたいふしんしゃさん」。
誰がへんたいで誰がふしんしゃかは一概に判定できなかったので、じゃんけんで勝ったたひてふさんがふしんしゃさん(大将)、僕がへんたい(中堅)、おんしんさんがあやしい(先鋒)に決定。
この安易な選択が悲劇の始まりだった…。


なお、ご飯食べながら「どこも強そうだけど、かよーださんチームとくまねこ(ひいら)さんチームが強そうだし、あそこ1回戦でつぶし合ってくんねーかなあ」とか言ってた模様。


1回戦(対書薙撲滅し隊(抜け忍さん、kyoさん、かよーださん))


嫌だ…(絶句)


固定メガミのマッチアップは
お(絡)-抜(毒)
キ(傘)-ky(薙)
た(忍)-か(銃)

相手の自由枠は絡、傘、騎。


まず先鋒戦が相当不利マッチになるのが確定。
僕も対面薙が死ぬほど苦手なので、かなり嫌な気持ちになる。
しかも薙のスペシャリストと名高いkyoさん…。
予想外にかよーださんが銃握ってきてるので薙を当てようにも自由枠のやつらが音無の上から殴り殺すって言ってるので薙を当てただけでは当然有利にならない構図。
とはいえ忍薙にするしかなくて、僕も薙に銃当てたくないので騎もらうしかなくておんしんさんには銃絡でワンチャン狙ってもらうことに。


選択の結果
お(銃絡)-抜(毒絡)
キ(傘騎)-ky(傘薙)
た(忍薙)-か(銃騎)


めちゃくちゃ自信ないけどやるしかない!
あんまりこの対面の経験ないけど、音無もりっこもはらりも響鳴共振も果て果ても全て辛い。
はらり型なら傘を開けるタイミングあるから無理やりゆらりびうてるはず!と思ってこんな構築。


しこふく、ふりたぐ、ひきもぐ、Turbo switch、Shield Charge、Waving Edge、Burning Steam
Omega-Burst、ゆらりび、Thallya’s Masterpiece


記憶が朦朧としてるんですが、とにかくひきもぐとTurbo switch握りながら相手の攻撃を紙一重でかわしつつ、ターンを進めていく。
はらりゆき型だったので、オーラ5からのしこみや薙はオーラ受けしてライフに通りそうな攻撃はTurbo switch。
1度圏域貼られた状態で前進しこみ振ったらひきもぐって言われて3/1飛んできたのは焦ったけどそれもTurbo switchで無理やり避ける。
近づこうにも圏域が邪魔して中々近づけなかったが、ひたすらTurbo switchとひきもぐで時間稼ぎして、Omega-Burstも吐きつつ、序盤のしこみで奪ったリードをそのまま逃げ切って勝ち…。
最後、エクストラターン中に巻き戻ししてしまって申し訳ございませんでした…。


チームとしても2-1で勝利!
しかし1戦目から体力を全部奪われる…。


2回戦(オルガチーム(YOSHIKIさん、くまねこ(ひいら)さん、soraさん))


あ、察し。


固定メガミのマッチアップは
お(絡)-YO(書)
キ(傘)-く(傘)
た(忍)-so(旗)

相手の自由枠は刀、薙、扇。


またおんしんさん不利マッチ引いてるんですけど、やっぱり神がおんしんさんはへんたいかふしんしゃにしなさい、と言っているのでは??
そしてくまねこらさんと傘ハーフミラーとかさっき以上の地獄では???
相手の自由枠に薙がいる以上、僕かたひてふさんが銃持って薙引いたら寒すぎるので、既に不利マッチ確定しているおんしんさんに銃も引き取ってもらう。
ひいらさん相手に経験の薄い傘薙とか回したくなかったからわがまま言って騎を貰う。
扇旗相手に忍薙でもなんとかなるって言ってくれるふしんしゃさんかっこよすぎでは???(絶対不利マッチだと思ってたから僕は持ちたくない)


選択の結果
お(銃絡)-YO(刀書)
キ(傘騎)-く(傘薙)
た(忍薙)-so(扇旗)


さっきあれだけしんどい想いした傘薙とまたか…。
さっきの構築だとShield Chargeが完全に腐ってたので前進リソースになりうるStuntを採用。
最後にはらり湧いてこないかなあと思ったからThallya’s Masterpieceをはらりに。

序盤はさっきとほぼ同じ展開。
ただし、相手がはらり振ってこなかったので、ほぼほぼりっこ濃厚。
枠的に響鳴共振もケアしなきゃいけない。
相手の2巡目に圏域が沈んだこともあり、クリンチ体制に入ることに成功。
そのまま0距離まで入ることができて相手が一度つきさしケアで後退して返してきたのが、大きく以降こちらオーラ4相手オーラ2間合い0でひたすらお互いに手札を伏せあう展開。
とはいえ、相手のライフが2になったタイミングでしこみでオーラ1にしてゆらりびをひきあしさせてから1後退Waving Edgeで勝ちや!と思ってたら焦燥でダストが1つ出てたの忘れてて衝音晶打たれ万事休す。
しかし、返しの相手のターンにこちらのライフが削りきられることは無く、なんとか勝利。


なお、おんしんさんとたひてふさんが気合の勝利してくれたので、気を抜いてガバしてしまった説。


決勝(お前がメガミになるんだよチーム(テトまるさん、キリカさん、とりすたんさん))


ついに決勝!
ここまできたら優勝するしかない!!


固定メガミのマッチアップは
お(絡)-テ(刀)
キ(傘)-キ(薙)
た(忍)-と(扇)

相手の自由枠は忍、書、騎。


どう見ても絡に刀書当ててきますね。
本当にありがとうございました。
当然僕は薙相手に銃握れないし、たひてふさんも銃より他の方が良さ気だったのでおんしんさんに銃を引き取ってもらう…。
すまぬ、すまぬ…。
忍薙と薙騎だと傘騎の方がまだやれる気がしたので、騎くれって言ったけど、今冷静に考えると傘薙の方がやれそうだったかも?
とはいえ薙リテラシー無いから結局傘騎で問題無かったはず。

ということで結局1回戦から変わらぬオーダーに。


選択の結果、
お(銃絡)-テ(刀書)
キ(傘騎)-キ(薙騎)
た(忍薙)-と(扇忍)


さっきの対戦でつきさしあったら良かったから入れるかあと思って入れたけど、これがイマイチだった…。
素直にStuntにすべきでした。
序盤は例のごとくかわしながらしこみの1点だけもぎ取る。
相手もTurbo switchで避けつつ、足運びShield Chargeとかしてくるけど流石にTurbo switchとひきもぐで許さない。
相手に圏域が無かったこともあり、簡単に0距離着地。
これは行けるのでは?と思ってたら相手がおもむろに自分からTurbo switch使って次ターンJulia’s Blackboxからガルーダ起動。
これに気が動転してしまい、打たなくていいつきさしを打ってしまう…。
当然Omega-Burstって言われて湧いたダストで距離を取られてしまう。

どう考えても相手のターンにOmega-Burst使わせるかしこふくかふりたぐに使わせてダスト回収しなきゃいけなかった…。
そのまま距離をとられて八相振りとか打たれて返せず負け…。
最後りっこじゃない読みもしなきゃいけなかったのにりっこだとしても負けてる甘えた受け方をしたり、ライフに通らないBurning Steamを打ってしまってTurbo switch打てなくなったり、細かいミスが相次いだのも反省点。
前2試合もギリギリの戦いになっていて脳の活動限界が超えていた説アリ。
糖分補給しなかったのプレミか??


チームとしても1-2で惜しくも準優勝…。
おんしんさんに超絶不利マッチを押し付けたのだから勝たなければいけなかった…。
ほんとにほんとに悔しい…。


とはいえ、すごく楽しい大会だった!!
運営して頂いたオボえもんさんと直矢さんに感謝!
チームを組んでくれたあやしいさんとふしんしゃさんにも感謝感謝!

もし次回があれば、真あやしいへんたいふしんしゃさんチームとしてリベンジ優勝果たします!!!


おしまい。


新幕リーグ戦(決勝トナメ振返り)

予選を3連勝で通過し、決勝へ。


1回戦(対totさん)


土曜日にそねさんとの対戦を観戦させてもらったうえで、今の環境はサイネを宿すかサイネを滅ぼすかしないと人権が無い、等々環境談義したこともあり、薙Xを握ってくるか薙に強めの騎爪を握ってくるのかなあ、と。


totさん相手にミラーやりたくないですが、相手が薙握る方を読んで騎爪を選出。


騎爪○-×絡爪


totさんはこちらが忍爪振ってくると読んであくせら空駆けで設置躱しやすい絡爪を選出。
予想とは違う形ですが、有利を取れる対面になりました。
これは勝たなければ!


構築は
Shield Charge、Waving Edge、Roaring、Turbo switch、獣爪、流転爪、風雷撃
Alpha-Edge、Omega-Burst、雷螺風神爪


相手はステップ対応がないので、風雷撃とShield Chargeと雷螺風神爪が全部当たる。
逆に相手の風雷撃や雷螺風神爪はTurbo switchとOmega-Burstで躱せる。
RoaringとBurning Steamは迷ったけど1巡目に相手のリソース奪うこと考えてRoaringを採用。


1巡目Roaringで相手の集中力を2奪うことに成功するも疑問手、どうせならそのまま燃料も回復させとけば良かった。
先手だったためやや無理やり3距離からAlpha-Edge、Waving Edge、獣爪、流転爪でライフ2点とオーラ3点奪う。

相手は1巡目ラストにもじゅるー貼りながらいんだすとりあに風雷撃を埋めてどれでび発動して圧を高めてくるもライフに届く攻撃は来ない。

RoaringとWaving Edgeを使ったので、燃料1となっており、2巡目Roaringで燃料回復を選択してしまう。
これが相当な悪手で大局観が見えていない。


このタイミングではライフ9-7だったのですが、結果的には2巡目でゲームが終わるスピードだったので、燃料回復はOmega-Burstで良くてTurbo switchを握っていなければいけなかった。
ただ、ここでオーラ2だったのですが安易に攻撃札を伏せてオーラを纏わずに強気でターンを返したことは良かった。


まあ、無理して集中使ってRoaringを使用したので返しにあっさり4点貰う。

さらにりふれくたからの付与2枚攻撃2枚あくせらーとるねーどでオーラ剥がされライフ1点食らいながら雷螺風神爪と流転爪も食らって残りのライフは1!
燃料1しか消費されてないからOmega-Burstで打ち消せない!
なんのためのOmega-Burstだ、なんのための前進守備だ!


しかし返しのターンで相手オーラ4ライフ6から手札がWaving Edge、Shield Charge、獣爪、風雷撃でWaving Edgeライフ受けさせて騎動前進からAlpha-Edgeをりふれくた、獣爪を悩んでオーラ受けさせたところでShield Chargeがライフに入り前進から風雷撃と雷螺風神爪をぶちこみ都合7点ぶち込み勝利…!


獣爪をライフ受けされるとShield Chargeがオーラ受けになり、2距離に行くリソースが足りなくなるので、ほんと薄氷の勝利でした。
(totさんは最後の1枚をBurning Steamで読んでいたのでオーラ受け)


ただ、後から思えば、あくせらーとるねーどに気づくのが遅くて集中力を使って無駄に纏っていたのを集中力保持すれば確定でリーサルを取れていました。
甘えた脳死纏いはだめだと何度言ったらわかるんだ俺…。

とはいえ、なんとかtotさんに勝利して決勝進出です!


決勝(対オボえもんさん)


学園最強の名を賭けて、オボえもん子さんとの決勝です…!

ほぼほぼ忍X、ここまで使われている忍絡、忍爪とツイで忍扇も使っていることを仄めかしていたのでその辺に有利付く組合せ…、騎爪でいいじゃん!


騎爪○-×刀忍


あー刀忍か。これはいつぞやの交流祭のリベンジマッチ。
対面は有利。気を引き締めます。

Burning Steam、Waving Edge、Shield Charge、Turbo switch、Roaring、獣爪、流転爪
Omega-Burst、Thallya’s Masterpiece、風魔招来孔

Thallya’s Masterpieceがめちゃくちゃえらいので確定採用。


底力もTurbo switchで確定回避できるののがめちゃんこえらい。
切札の残り枠は守備的にOmega-Burstを2回使いまわす構成。
通常札は間合い調整して設置を避けたいのでBurning Steam、Waving Edge両採用。
誘導ケアすればShield Chargeも当たるので採用。
Roaringは帯電しつつ相手のリソース奪って燃料の調整が出来る。
獣爪は義務。流転爪で獣爪2回打てるのズル。しかもライフに入りやすい。
Shield Chargeを風雷撃にするのはありかも。


対戦はさっさとThallya’s Masterpiece開けて相手の再構成前にWaving Edgeで0詰め。
しかし相手も2焦燥オーラ受けでしゃがんでからの再構成影菱。
これはライフで良し。
獣爪でオーラいじめながら流転爪とWaving Edgeでライフを取っていく。
Turbo switch握って守りを固めつつ、燃料消費して次の再構成の影菱はオーラで受ける構えをしていたら4距離で熊介振られる。
当然Omega-Burst。
Omega-Burst切ったが、これで相手のフレアも減り、燃料回復したので攻撃に繋げられるので良し。
その後も2回目のOmega-BurstとTurbo switch握っていることもあり、一閃以外はひたすら強気にライフしつつ攻めまくる。
こちらの手札が潤沢なタイミングの2距離獣爪にたまらず鳶影忍歩鋼糸も飛んできて相手の残り切札も1つ。
これで鳶影見えたので、誘導ケアしつつ次の巡目に3距離Burning Steamから1距離獣爪、Shield Chargeでライフを溶かし、手札にTurbo switchを握った状態で風魔招来孔、風魔纏回を発動しOmega-Burstを復活。
相手はこのサリヤ穴熊を突破できず、勝ち!


反省点としては、風雷撃入れてると勘違いして雷ゲージ1個上げたガバくらいかなあ。
割とちゃんとプレイできた気がします。


ということで新幕リーグ戦は5連勝で優勝しました!
対戦相手を見ても全国大会と言ってもおかしくないメンツの中で勝てたので自信にはなった一方、プレイングや構築にはまだまだ改善点もあるため、精進しなければ…!


来週25日にも平日大会あるので、この勢いのまま、優勝したい!
あとは6月末からヒミカタロットに変わるので、全力で獲得目指します…!


おしまい。



新幕リーグ戦(予選リーグ振り返り)

びよりおぶのんのんが主催した新幕リーグ戦に参戦。
なお、主催も僕も新幕はまだ購入できていない模様。


12名の有志が参加となったので、4名1リーグの3つに分かれて予選をした後に、成績上位者による上位トーナメント方式で対戦形式は随時選択というレギュレーション。


僕はホリえもんさん、ぬるーさん、たひてふさんと同じリーグに。
ぬるーさんは存じ上げてなかったんですが、一幕で活躍されてた方みたいですね。


1試合目(対たひてふさん)


忍爪○-×刀薙


金曜日にsoraさんと対戦した時に面白そうだったので忍爪を使用。


影菱、鋼糸、忍歩、誘導、獣爪、風雷撃、風走り
壬蔓、虚魚、鳶影


りっこ回避用と2着地用に風走りをイン。

1巡目に薙斬りのダメをライフでありがたく頂いたところから壬蔓虚魚発動して壬蔓再起させつつ、2着地。
1回目の再構成から影菱忍歩鋼糸誘導の設置カーニバルをお見舞い。

誘導は間合いから相手オーラを選択して2距離で3/2風雷撃。
設置から雷神風神ゲージが合計4上がるのまじでずるい。
この時点でライフ差4つける。


これで死なないタイミングなら響鳴共振食らっても耐えれるので、オーラ5にして返していく。

ライフ差ついてるし、オボロの性質上、次のターンのリソースさえあれば纏ってもディスアドにならないので、相手のオーラが薄いタイミングで振ってきた斬はオーラ受け。
この1点がライフに通らなかったことで、相手が考えていた衝音晶底力のリーサルラインに届かず、先に2回目の設置カーニバルから回避不可鳶影影菱ぶち当てて勝ち。


対戦後の感想戦では、返し刃が入ってると辛かったことを伝達。
鋼糸振ったらほぼ1/1のミニバースト返ってくるの辛いな。
衝音晶底力を避けるの難しいけど忍歩伏せてれば4距離で返せばいけるorもしくは風走りで1距離潜って返す、から斬ライフ受けしてても確定負けではなかったものの斬をオーラ受けできて気持ち良かった。


2回戦(対ぬるーさん)


銃爪○-×忍毒


銃爪のインチキムーブやりたいだけ。


ラピッド、マグナム、呼び声、スモーク、バクステ、バクドラ、知恵
レバレ、ヴァミ、風魔招来孔


スモークはリーサルで鳶影忍歩で避けられないことができるかなー、くらいの採用。

後手だったので、1T目呼び声から2T目バクドラで相手の前進リソース奪うも相手が3ターン目に滅灯毒を使用。
発狂しながら返しに手札ラピッド、バクステ、知恵、滅灯毒からレバレ滅灯毒ラピッド知恵バクステラピッドで3点もぎ取る。

ライフレースは一応先手取れたもののガシガシ毒飛んでくるし、今飲んだ滅灯毒なんで再構成トップにくるねん^q^

どうせヴァミ使いまくってフレア貯まらんし天狗道使うタイミングないやろとか意味不明な思考して風神ゲージ9で風魔招来孔使ったところがマジセンス無い。
相手の生体活性成功から2枚目の滅灯毒飛んできたうえに壬蔓からの飛苦無、鋼糸でライフ2点取られてライフレースでも追いつかれたものの最後再構成前に滅灯毒飲みながら8距離まで下がったあとの再構成後、滅灯毒滅灯毒ヴァミで間合い10で返しつつフルリソ貯めれる準備をしてなんとか3/2ラピッドからマグナムライフに通して勝ち。


天狗道さえあればもっと早く2点通せてたし、相手の2点ダメも躱せたのでほんとしょーもないミスしてた。

てかそもそも相手が抜き足と生体活性使う時にオーラから納に移すだけで前進できるのでこの対面で遠距離ロックぶつけるのは選択ミス。


3回戦(ホリえもんさん)


書薙○-×刀絡


まあホリえもんさんなら絡使ってくるやろなあ、ということで書使おうか、なら一番デッキパワー強い書薙ぶつけよ、の精神。


薙、八方、返し刃、立論、詭弁、扇動、引用
響鳴共振、りっこ、音無


一回くらいは万引きさせてくれるやろうと引用イン。
扇動響鳴共振やること考えると、オーラ1しか取れないし反論アウト。
この判断がイマイチで防犯性能が高いセコムしてるミコトには引用が決まらんし、犯罪行為になれていないため引用をいつ打つか分からなかったから引用抜いて反論入れとけよって問題だった。


序盤はとりあえず詭弁振って気持ち良くなる。
後は計略鬼謀にして扇動響鳴共振りっこで気持ちよくなろー、と思ってたらいつの間にか機巧が揃っていて枢式捲られてりっこを強盗される。
てかその前のターンに立論打てたのに枢式を失念しててまだええか、とか思って打ってないのひどい。
しかしこの人、僕に反論が無いのをいいことにあくせら居合とかしてくるし常習性の高い悪質な犯罪者やで。

間合いは常に2距離で相手が増やした一閃で離脱して攻撃しては前進とかされるので、こっちからまともに攻撃振ることができずに最初の詭弁のライフアドはすぐに捲られて万事休すとなりつつも最後針の穴を通す神引きに助けられて扇動響鳴共振から薙、八方、返し刃全部揃えて2点通して勝ち。


勝つには勝ったものの内容的には完全に負け。
正直マッチアップ時点で流石に勝ったやろ、と油断してました。
ほんとよくない。


とはいえ、劣勢の中から勝ち筋を残す動きはできてたので、そこだけは自分を評価。
曲りなりにも3連勝できたので、決勝トーナメントに進出!


他のグループの予選上位はtotさん、オボえもんさん、ワイルドカードでのんのんさん。
抽選の結果、僕はtotさんと対戦することに。


一泡吹かせられるように頑張るぞい!


おしまい。

ふるよに新幕レビュー⑫【ライラ】

【ライラ】
-通常札
・獣爪
 2/2で適正距離3つ!?
 一閃さん見てますかー??


・風雷撃
 適正距離2のみですが、中盤終盤は無条件で3/2以上をぶち込んでくる問題児。


・流転爪
 使いやすい2/1攻撃な上に1度使った攻撃札を山札に戻せる。
 風雷撃や獣爪使いまわして山札回復するだけでふつーに強いよね。


・風走り
 足捌きさん見てますか???


・風雷の知恵
 山札回復しつつ風雷ゲージを上げる。
 ヒミカと悪用して1ターンに3/2ラピッドを複数回打ったり、単純に相方の3/1とか2/2戻すだけでも強いと思います。


・呼び声
 雷螺風神爪や風雷撃を使うなら初手に使うのアリ。
 また天雷召喚陣をリーサルにするなら雷を2倍にする効果を適用するので必須。


・空駆け
 前後どちらにでもいけるひるめぐ。
 間合い調整しやすいので、強い。
 特にオボロに対して再構成前に設置の間合いから外れることができる点が強い。


-切札
・雷螺風神爪
 普通に使うとコスパもそんなに良くないように思えるが、壬蔓やどれでびと同時に使うとシナジーがあり、一気に強切札となる。
 とりあえず再起するのが強いので風4を目指す方向で。


・天雷召喚陣
 問答無用の1/1連打。
 マックス10回飛んでくるのでオーラ5からでもライフ5点入るので刺さる相手にはぶっ刺さる。
 呼び声が全力かつ手札を伏せる為、隙ができるため、ライフ差つけて逃げ切る手段として使いたい。


・風雷招来孔
 風ゲージに応じて切札を追加できる切札。
 10まで上げて風魔天狗道まで入れるか6で風魔纏回までで良しとするかはデッキと応相談。
 風魔纏回も風魔天狗道もどちらもとても強く面白い動きができるため、個人的に一番好きな切札。


・円環輪廻旋
 頭痛がとても頭が痛くてヘッドエイクみたいな切札名。
 消費フレア3とお手軽なのに効果は2ターン継続し、手札が使った側から山札になるので、再構成ダメージを受けず、強い攻撃札を毎ターン使うことができる切札。
 銃と組み合わせると山札をバクステやイマジンで引きに行って連打できるため強力なコンボとなる。


-総評
 新幕で新しく追加されたメガミにふさわしく使いやすい近距離の攻撃札と派手な性能の切札を持ち、魅力的なメガミとなっている。
 一方対応が追加切札の風魔天狗道しかないため、防御力には難がある。
 圧倒的な攻撃力で叩きのめすか、山札を回復させながらコントロール寄りに組むのかも相方メガミと合せて考えられるため、色々なメガミと組み合わせて遊びたい。



ふるよに新幕レビュー⑪【サリヤ】

【サリヤ】
-通常札
・Burning Steam
 適正距離が広がったバニスチさん。
 使いやすくていいと思います。


・Waving Edge
 適正距離が広がり3/1となり、ほぼライフ1点カードになりました。
 燃料の消費が重いですが、当然強い。


・Shield Charge
 やばいことが書いてあります。
 ステップ対応無いメガミは絶望するしかないですね。


・Steam Cannon
 2距離で全力振れるだけでいいカードですし、新幕でオーラ3はがすのを強要するのは強いです。
 ステップ対応持ってる相手にはこっちかなあ。


・Stunt
 3APカードが弱い訳無い。
 ただ、いつでも使えるカードではないため、何も考えずに入れれるカードとまでは行かない。


・Roaring
 最低限2APのカードになり使い勝手が良くなった。
 増加燃料を回復する手段としても積極的に使うことでWaving EdgeやTurbo switchのインチキカードをどんどん使って言って良さそう。


・Turbo switch
 元祖インチキ対応。
 ただ燃料消費激しく、攻撃振るのが強い環境ではあるので、採用しないケースもありそう。
 Thallya’s Masterpieceを使うことで常に2ステップ対応となるため、これさえ握っていればほぼ切札攻撃が当たらなくなる。


-切札
・Alpha-Edge
 二幕から変わらず。
 地味ですが、オーラ受け強要させられるのは強い。
 受ける側は全部オーラで受けず、序盤であってもライフで受けた方が強い盤面もあることを意識した方がよさそう。


・Omega-Burst
 使いやすい切札対応。
 燃料回復できるので、Turbo switchと合せて相当リーサルラインを下げることができるため、優秀。


・Thallya’s Masterpiece
 超強い。
 間合い調整が簡単になるため相手の間合いから逃げることも容易ですし、Turbo switchがほんとにインチキになる。


・Julia’s Blackbox
 変形時の隙を無くすためにそれぞれ変形時効果が追加されました。
 どれも魅力的で面白いと思います。


-総評
 Thallya’s Masterpieceにより、間合い調整能力と防御力が格段にアップした。
 現状サイネが抜けて強い印象なので、りっこをThallya’s MasterpieceTurbo switchで全弾回避できるのが非常に強み。
 Waving Edgeがほぼ確実にライフに入るので、相方メガミの攻撃と合せて1週2-3点与えてライフ差を取りながらOmega-BurstとTurbo switchで相手のリーサルを封殺する戦い方になりそう。
 薙騎、騎爪、忍騎あたりが強めに感じます。



ふるよに新幕レビュー⑩【クルル】

【クルル】

-通常札
・えれきてる
 変わらない魔法攻撃。
 他の通常札の攻撃力が上がったため、準備してチクチク1点通すのはやや弱くなったけど無条件1点が強くないわけはない。


・あくせらー
 変化なし。
 あくせらー詭弁やあくせらー分身の術、あくせらー居合とか割と悪用できそう。


・くるるーん
 2ドローや疑似要返しはできなくなったけど、山札調整するなら1ドローか伏せ札戻しで問題無い。
 注目したいのは相手手札1枚捨て札。
 攻撃を貯めて攻撃してくる相手に対する抑止力となっており、今回追加されたりふれくたと合せてクルルの防御力をアップするカードとなっている。


・とるねーど
 変化なし。
 びくごが強くなったので、えれきてる量産ルートよりびくごルートが主流となるので、必然的に採用率は高まる。


・りげいなー
 変化なし。
 枢式が1回しか使えなくなったけど、歩き熊介やリスペクト2回とか悪用できそう。


・もじゅるー
 変化なし。
 よっぽどのことが無ければ普通のクルルデッキには入るでしょう。


・りふれくた
 何気に相手のリーサルラインを押し下げてくれるすごい奴。
 2ターン有益な上に再構成でデッキに入りやすいのでトップでもっかいとかやると発狂させることができそう。
 効果発動時には納ではなく効果で桜花結晶を載せるためオーラから載せることはできない点は注意が必要。


-切札

・どれーんでびる
 コスト減。
 えれきてる量産型は弱くなったもののびくごに必要機巧として対応が増えたので、採用率は上がりそう。
 単純にオーラの勝ちが高まっているので問答無用でオーラを奪う行為自体が強くなった。
 
・びっぐごーれむ
 対応が必要となったものの自分にダメージ受けなくなったため再構成分ライフゲインかつ相手ライフダメージなので相当の強化。
 とはいえ早い場合は2回目の再構成待たずして決着がつくことも珍しくなくなった環境なので、びくごデッキを考える際には、防御手段やびくご以外でライフ差をつけるプランニングが必要。


・いんだすとりあ
 ほぼ変化無しだが、封印をすることが任意となったため、1巡目に封印したいカードを振れることや2巡目の引きによって封印するカードを選べる、という柔軟性が加わった。
 特殊な使い方で言うと熊介のダメージを上げるためだけに山札を増やすという使い方もできる。


・神渉装置:枢式
 消費フレアが1軽くなり使いやすくなったものの1度使ったら除外されるため機巧として使えなくなり、りげいなーでの再使用も不可に。
 とはいえ犯罪切札を使用不可にすることで防御するクルルとしては、デッキ2巡目に安定して打つことができるようになったため、対面する際は枢式が入っている前提で構築した方が良さそう。


-総評
 第一印象は他のメガミのカードが上方修正入っている中で、びくご以外はほぼ変わらない修正のため、最弱筆頭かと思ったが、くるるーんやりふれくたが良カードになっていてびくごの延命能力と合せるとそんなに悪くなさそうな気がしてきた。
 とはいえ暴力的な環境においてクルルを使って勝つためには、生半可な研究では難しい印象。
 忍絡、薙絡、書絡あたりで悪さ考えてみます。



ふるよに新幕レビュー⑨【ハガネ】

ハガネ】
-通常札
・遠心撃
 距離が伸びてダメージも上方修正された最強の通常札。
 圧は確かにあるもののリソースを全消費してぶつけるので、返しの返しを耐えきれなければ打ってはいけない。
 ハガネちゃんには対応札もないため、フレアを増やしてしまうことで一瞬で蒸発してしまうことの無いように運用したい。
 また、遠心の仕様・条件が変更となってしまったため、開始フェイズに攻撃をしている場合に遠心を使えなくなってしまったことは大きな向かい風。


・砂風塵
 0-6で打てる条件付きハンデス。
 0で打てるのが本当に大きい。
 傘鎚で甘えた相手にゆらりびぶち当てる補助としても使える。
 ハンデスは強い。


・大地砕き
 3距離で打てる大地砕き。
 今作は離脱で簡単に3距離に行けるので妥当な調整。
 最低でも3リソース奪えるため強い。


・超反発
 間合い4以下であれば問答無用で相手のフレアを減らせる。
 円舞錬と両方積むのは過剰かなと思うので、条件も軽く使いやすいこちらが採用されることが多いかな。
 相手によって使い分けることにはなると思います。


・円舞錬
 相手フレアが3以上なら自オーラに吸い上げる犯罪行為。
 今作がフレアを貯めて一発芸をする要素が高いので有用な相手にはぶっささる。


・鐘鳴らし
 上方修正。
 打消し不可から対応不可になり、対話拒否メガミ筆頭に。
 大山脈リスペクトから指定する筆頭。


・引力場
 遠心撃や大天空の補助カードというのは分かるけど、この新幕で1APの価値もないカードを採用するのは難しい。


-切札
・大天空クラッシュ
 0-10になってロマンが広がったメインウェポン。
 対応不可の鐘鳴らしと合せてリーサルを決めたい。
 ロマンはあるが、しっかりとダメージを出すためには準備が必要。


・大破鐘メガロベル
 リンゴンリンゴーン。
 消費フレアが軽くなったけど残念ながら切札を全部見せた上でメガロで2点ゲインするムーブは強いとは思えない…。
 
・大重力アトラクト
 再起を持った影響で消費フレアが5に。
 離脱で0距離脱出もやりやすくなったし、ちょっと物足りない印象。


・大山脈リスペクト
 別のカードに生まれ変わったロマンあふれる切札。
 すごく面白いと思うんですが、消費フレアが重たいため、大天空と使うには遅いので使うにはガンガンライフ受けして最後に一発ぶち当てる構成にしないときついかなあ。


-総評
 新幕になり、適正距離も広がり、新たなバフ要因も手に入れてパッと見は強くなった印象を持ちましたが、対応を持っていないことや遠心の仕様が変わったことなどもあり、二幕同様使いづらいメガミという評価です。
 薙鎚、忍鎚は強いですが、薙や忍が強いから強く、鎚単体で見ると触るの難しいかなあと思います。
 個人的には全国大会の使用率最下位だったこともあり、もう少し分かりやすい上方修正がかかってもよかったのかなあ、と思います。
 一旦7月末の大会に向けては研究対象外にする予定です。



ふるよに新幕レビューまとめ

まだ一般発売されていませんが、有志によるwiki更新により、カード情報を知ることができ、これまた既に購入済の方と何戦か、対戦させて頂きましたので、第一印象として雑感を簡単に書きます。


【全体的な感想】
二幕がお互いに微アドを重ねた上で、ライフ差を奪い合う将棋だとすると新幕は頭と両肩に紙風船を付けたスポーツチャンバラ。
えーい!と頭の1個しか割らない攻撃したら返しに怒涛の連撃食らって3個全部破壊さる感じ。
なので、対面時には相手が何個の紙風船を割ることができるのかを見極めてデッキ構築やプレイングをしなきゃいけないようになってます。
(二幕でも銃ミラーとかその傾向が強かったのですが、新幕は全ての組み合わせがシューティングゲームになってる感じを受けます)


僕は割とこのゲーム性好きですし、tot神とかは5/2風雷撃とかをぶんぶんしながら「これこれ~♪♪」って言ってる様が浮かびますが、二幕を繊細にプレイしてた人ほど新幕に慣れるのに時間がかかりそうな気がします。


あとはざっくりメガミ別に。
簡単に書こうと思ったけど、書いているうちに楽しくなっちゃったし、せっかくだから1枚ずつカードレビュー方式で1メガミ1記事で書くことにしました。
(懐かしのスカガレの新弾レビュー思い出しました…)


個人的な感想と評価でしかないので、優しい目で見て頂ければと思います。
他の方の感想や意見も聞いてみたいので、コメントとかで意見とかもお待ちしています!!


ユリナ(刀)
サイネ(薙刀)
ヒミカ(銃)
トコヨ(扇)
オボロ(忍)
ユキヒ(傘)
シンラ(書)
チカゲ(毒)
ハガネ(鎚)
クルル(絡繰)
サリヤ(乗騎)
ライラ(爪)




アクセスカウンター

プロフィール

キャッツ99

Author:キャッツ99
ボードゲーム、特にふるよにに
ドハマリ中。
技術向上に向けて大会レポ等の
記事を更新予定。
ラーメンガチ勢。

素敵すぎる西森博之風アントゥは
夢際さん(@_lastboy)に頂き
ました。感謝!

《自己紹介記事はこちら》

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR