FC2ブログ

4/28(土)交流祭@ひがっち

ふるよにしたい欲が爆発しそうだったので、平日簡易神話大戦に続き、交流祭にも参戦。


持ち込んだのは絡旗。
神話大戦決勝で使った後に研究してたら、これつえーんじゃね?状態になり持ち込んでみることに。
毒と刀がくそつらいけどまあなんとかなるでしょ。


1回戦(対しるさん)

絡旗×-〇薙毒


いきなり毒かあ。
この旗りげいなー型にするかびくごえれき型にするかギリギリのギリまで悩んでびくごえれき型に。
1T目とるねーどから2T目お守り素打ちしてえれきの機巧揃えながら3T目にどれでびもじゅるー4T目にえれき義旗で2点取るとこまではうまく回ったんですが、2週目が事故ってしまい、どうしようもないまま、連撃叩き込まれて終了。


2回戦(対さんでうさん)

絡旗×-○傘鎌


鎌…しかも傘鎌かあ。
この旗りげいなー型だと相手に灰滅があったらつっらいので、灰滅入れる読みでえれき量産枢式型組んでみる。
序盤からバシバシやられるも灰滅さえめくれば勝ちの状況は作って枢式発動しますが、ちゃんとケアされていて負け。


3回戦(対シノブさん)

絡旗○-×銃鎌


銃相手だとこの旗りげいなー型組みます。
というか前2戦もこの旗りげいなー型で良かったのでは?

序盤からバシバシ攻撃食らうも相手の猛攻食らった返しにこの旗2発叩き込んで勝ち。


このあとフリプでよしきさんの毒鎌にも絡旗で勝ったしやっぱ絡旗いけるんや・・・!
(内容は疲れてて覚えていない)
なおおんしんニキの刀毒には瞬殺された模様。


おしまい。


スポンサーサイト

4/25(水)簡易神話大戦@DDT

大阪で初めての平日大会!
ツイッターでいろいろ絡んでいた珊瑚さんとも会えるから楽しみにしてました!


DDT着いたのでさっそく珊瑚さんにご挨拶。
DDTは名札があるから便利ですね!

結構ガッチリしててあごひげも生やしててちょっとイメージ違うけど、とりあえずツイッターでもフリプやりましょ!って言ってたし対戦しますか!
と声掛けてみるもあんまり乗り気じゃなくこっちから話しかけてもあまり会話が続かない感じ。
思ったよりも珊瑚さんってネット弁慶なんかなあ。


とりあえず刀毒使うと珊瑚さんはランダムで出てきた刀薙を使用。
音無からの無音壁はやはり犯罪…!
って感じで負けー。


そろそろ大会始まるかなあって時にくまねこさんがよかったらどうぞ、とカードサイズのメガミタロットとオリジナルの集中力カードをくれる。


あれ?おかしいぞ…。
やってくれたな…。


ということでDDTに一番乗りした人が珊瑚さんなので、僕が対戦していたのは珊瑚さん(くまねこさん)でくまねこさんの名札をつけて集中力カードを配っていたのが珊瑚さんでした。

違和感ありありだったのに気付けなかった自分が悔しい…!


という訳で始まった神話大戦。


持ち込んだのは
刀傘忍絡騎旗


絡多そうだったから、ほんとは傘⇒毒のつもりだったんですが、大会前に珊瑚さん(くまねこさん)相手に刀毒使って満足したのとそねさん見てたら僕もアンブレラスピンしたい!と錯乱して傘を入れてしまいました。


想定組合せは
刀傘、忍旗、絡騎


1回戦(対珊瑚さん(おんしんさん))


1回戦はおんしんさんだと思ってたら名札が変わってて珊瑚さんに変わってました。


僕:刀傘忍絡騎旗
珊:銃扇書薙絡鎌


つっら!想定してた組合せ出すと薙絡突破できなさそう…。
銃鎌予想なら忍旗で有利取れそうだけど薙絡辛そうだから刀忍選出…!


刀忍○-×銃鎌


このマッチつら!
ロングレンジロック型を警戒して少し歪んだ構成。


一閃、遠当て、鋼糸、影菱、誘導、忍歩、足捌き
虚魚、浦波、鳶影


フルバ警戒しつつ、右手左手の往復ビンタとシュートラピッドで蜂の巣にされかかる。
間合い2に着地したとおもったら楔が貼られて一閃打てないものの、楔入ってるなら纏って後退リソースなくすか、としゃがむ。
その後、間合い3から足捌きで1に入り込んで設置忍影の圧をあたえたりして迎えたライフ4-3の場面。

相手はイマジンをライフ受けしつつ後退して右手左手とぶんぶんふってくる。
極めて苦しい状況もダストをちゃんと数えて左手はライフ受け、レッバレを対応浦波でオーラ受けしてマグナムをライフ受けできるようにしてダストはギリギリ19!
なんとか勝てたけどバクステ入ってたり、再構成からイマジン決められてたらほぼ負けてた。


とりあえず珊瑚さんとの戦績は1勝1敗に。


2回戦(対珊瑚さん(のばさん))


階段でよりによって3代目珊瑚さん(のばさん)と。


珊瑚「ふふふ、さっきの珊瑚は珊瑚界の中でも最弱…。珊瑚の面汚しよ…。」


僕:傘絡騎旗
珊:扇銃絡旗


銃絡と扇旗を同時に受けれる組合せなんてこの世に存在してないって。
連撃を止める手立てがないし、苦渋の判断で傘騎投げてみる。
(あれ?三戦目絡旗でどうやって勝つんだ?これのわくんに怒られるぞ)


傘騎○-×銃絡


知ってました、な対面。

ワンチャン狙ってゆらりびぶち当て大作戦。


しこふく、ひきもぐ、ふりたぐ、Burning Steam、Waving Edge、Turbo switch、Steam Cannon
ゆらりび、Omega-Burst、Thallya’s Masterpiece


変なことしてくるからあんまり相手のフレア増やしたくないので、ひたすら前進しつつ隙を見てSteam Cannon当てようと動く。
相手はいんだすとりあにマグナム埋めて、2T目も再構成からマグナム埋める。
もうやめてくれー。
さっさと傘開いてひきもぐとTurbo switchの2枚対応の圧を出していくも、3枚目のマグナムがボトムに入ったタイミングでイマジンから連撃が飛んでくる。
あくせらフルバ決められて終わったと思ったけど、死には至らなかったので、返しで全力前進。
ひきもぐとTurbo switch握ってOmega-Burstで攻撃なんとかかわしてSteam Cannonで後退リソース奪って相手動けなくなって勝ち。


銃絡には何が正解かまじで分からないからもうやりたくない。
なんとか珊瑚さんに2連勝で決勝へ。


この時点で全勝者はそねさん(残り銃忍)くまねこさん(残り薙書)の2人。
ん?これ絡旗でどうやって勝つんだろ…^q^
そしてくまねこさんの薙書がどっちにも有利付きまくってて強い…


珊瑚さん(本物)「マッチング発表しまーす、決勝はそねさんとキャッツさん、階段はくまねこさんと赤さん」
くまねこさん「まじかよ!赤さんの残りなんです?」
赤さん「刀忍です(暗黒微笑」


ちーん^q^


決勝(対そねさん)


そもそもなんで絡旗残ってるんだろうなあ。
回したことほぼ無いし、蹂躙される未来しか見えへん。
連撃きたら死ぬけど、ワンチャンこの旗2発とえれきてるぶち込めば勝てるのでは?
どうせ相手オーラ薄くするやろ。


えれきてる、あくせらー、もじゅるー、くるるーん、りげいなー、お守り、歩み
いんだすとりあ、どれでび、この旗


相手先攻でシュートをライフ受け。
返しでいんだすとりあにえれきてる埋め。
(てか普通に1週1回えれきてる打てばいいからいんだすとりあいらないのでは?どれでびとのシナジー含めても怪しい…。)

次のターンで相手がレバレ打って生体活性してきたので、ほぼロングレンジロックデッキであることが割れる。
お、これならイマジン飛んでこないし、1回生体活性をこの旗で割ればワンチャンあるぞ。

さすがにこの生体活性は割れないので大人しくレバレ再起させる。
てかくるるーんボトムに送っちゃったの下手すぎでは?
ちゃんとさんろくんのマリガン理論読まないと…!
(じゃんけん負けたので、フルバ警戒でお守り引くための全マリガンしたからしゃーないけど)

次の再構成後、相手が生体活性展開したタイミングで無理やりこの旗ぶっぱ。
あ、もじゅるー展開してるので、もじゅるーの上にライフ載せてください^q^
ここでもプレミしててくるるーん伏せてりげいなーキープしてたんだけど普通にくるるーんキープしとけよ。
レバレが再起しないと途端に火力不足になる上にこちらはもじゅるーが貼ってあるので、中々攻撃されず、ヴァミ含めて間合い10で返されたところをえれきうちながら前進して歩みまで使って間合い5で返す。
相手は手札補充のターンになり、そのままパスしてきたので、あくせらーりげいなーからこの旗打って勝負あり。
相手が勝ち筋なくなったところにえれき打って勝ちました!


絡旗いけるやん!(いけない)


ということで久方ぶりの大会優勝でユキヒ6枚目ゲット!!

今後も定期的に平日大会開いてもらえそうなので、楽しみ!
次は本物の珊瑚さんともふるよにしたい!


おしまい。

機巧革命はいいぞ-クルルサリヤえれきてる概論-

1.はじめに


第二幕環境が少しずつ終焉に向かう中、ふるよに勢が論文という形で考察や解説を披露してくれている流れに便乗して非常に稚拙ながら私も寄稿させて頂く。


今回テーマとして選んだのは「クルルサリヤえれきてる型の解説」である。


私は常々、「クルルサリヤの組み合わせ(特にえれきてる型)は強い!」と言い続けていたのであるが、たひてふ氏の論文にもあった通り、関東ではサリヤの使用率は低くクルルサリヤに当たっては、ほぼ使われていなかった。
また、関西では光輝さんがクルルサリヤの専門家として名を馳せていらっしゃるが、えれきてる型についてはあまり使用されていない旨、ツイートされていたのを拝見した。


以上より、クルルサリヤえれきてる型であれば、他の方に比べると使用した経験も多いため、今回解説を書くことでクルルサリヤえれきてる型を使ってみたいと思ってもらえることができるのはないかと考えた。


なお、以下の本文については、当記事の読者をふるよに初心者~中級者と想定しているため、各種カードの能力についての説明は割愛させて頂いている。


2.クルルサリヤえれきてる型のデッキ構成


もっとも使いやすいと思われるクルルサリヤえれきてる型の構成は


通常札:「えれきてる」「くるるーん」「もじゅるー」「Turbo switch」「Steam Cannon」「あくせらー」「Burning Steam」
切札:「いんだすとりあ」「どれーんでびる」「Omega-Burst」


と考える。


以下にそれぞれの採用理由・デッキ内での役割を記載する。


①「えれきてる」
このデッキのメインウェポン。
2ターン目に「いんだすとりあ」に封印することが基本。


②「くるるーん」
対応でしか使えないが、その効果はとても大きい。
単体で見ると防御能力は皆無であるが、「もじゅるー」と併用することで相手の攻撃の間合いをずらすことが可能になる。


デッキ1巡目から攻撃してくる相手には山札調整をすることで「いんだすとりあ」で山札の一番底に行った「えれきてる(※)」を無理なく引くことができる。
(※)実際には「いんだすとりあ」で複製された「でゅーぷりぎあ」だが便宜上、当記事では「えれきてる」と表記する。


終盤では、山札から2ドローすることで「えれきてる」を引き込みリーサルを早くする役割を持っている。


③「もじゅるー」
インチキAP発生装置。
1順目は「どれーんでびる」を使用した後にできたダスト3を納に載せて使用する。
「えれきてる」を使用しながら基本動作を行えるため、攻守が安定する。


「もじゅるー」展開中に再構成することで「どれーんでびる」を発動させて相手のオーラを1つ奪いながら基本動作をする動きが強く見えがちだが、このデッキでは強くないため「もじゅるー」展開中の再構成はできるだけしないようにしたい。


「くるるーん」の説明でも記載した通り、「もじゅるー」を展開している状況下においては、「くるるーん」が間合いをずらせる対応となるため、相手から攻撃をしづらくなっているため、そのため、毎回デッキ再構成時には「もじゅるー」をデッキに加えて最大回数使用したい。


④「Turbo switch」
インチキ間合いずらし対応。
ふるよにでは多くの攻撃札が間合いの適正の幅が2であるため、「Turbo switch」で回避が可能となっている。
「もじゅるー」が展開されていれば間合いを2つ以上ずらすことも可能となる。


デメリットとなる造花結晶の燃費の悪さも造花結晶を使用した攻撃札がほとんどないこのデッキではそれほどのデメリットにはならないため積極的に使用することができる。
1巡目に攻撃してこない相手に対しては、自分のターンに使用して「えれきてる」を打つことが多い。


⑤「Steam Cannon」
相手のオーラを3剥がすって書いてある。
通常攻撃でダメージを狙わないデッキですので、もじゅるーの納や纏うためのダストをこのカードで作る。


また、このカードがあるため相手もオーラを少なくとも3纏う必要があり、手を遅らせることができるし、「あくせらー」「Steam Cannon」をちらつかせることで「Burning Steam」がライフに通ることもある。


⑥「あくせらー」
「Steam Cannon」を補助するだけの存在。
「Steam Cannon」のためだけに入れるのは勿体ない気もするが、オーラ管理がシビアなデッキのため、「あくせらー」「Steam Cannon」とすることで追加基本行動ができ、「Steam Cannon」で吹き飛ばした相手のオーラを纏う動きは非常に強力。


⑦「Burning Steam」
ほぼ自由枠。相手がユリナなどの近距離型であれば「Roaring」「Waving Edge」等が入替候補。
上述のとおり、「あくせらー」「Steam Cannon」をちらつかせて1点取ったり、ダストを作る役割がある。
造花結晶の燃費がいいことも良い点である。


⑧「いんだすとりあ」
2ターン目に「えれきてる」を封印する。
デッキ2巡目以降は極力もじゅるー展開してから使用することで1APお得に使用することができる。
とはいえ当たり前だが、使用しないとえれきてるは増えないため、基本的には再構成直後に使用して問題ないと思う。


⑨「どれーんでびる」
「えれきてる」の機巧要員だが、毎回再構成時に「いんだすとりあ」が未使用に戻るため、相手のオーラから1つ自分のオーラへと移動する効果もあり、防御力に長けている。
概ねデッキ1巡目3ターン目に使用する。


使用したターンはオーラが薄くなるが、できたダストを基に「もじゅるー」を使用し、手札を「くるるーん」「Turbo switch」とすることで致命傷を防ぐことができる。


⑩「Omega-Burst」
インチキ打消し切札。
クルルの防御力の薄さをケアしてくれるすごい奴。
また行動対応であるため、「Omega-Burst」を使用した後は引いてきた「えれきてる」を即座に使用できる。

相手がユリナを宿している場合は、早目に造花結晶を0-1にして「天音揺波の底力」と「月影落」のどちらにも備えることができるようにしたい。


3.運用方法・気を付けるべきポイント


上述したサンプルデッキについて運用方法・気を付けるべきポイントについて述べていきたい。


①マリガン


このデッキで1巡目に伏せてはいけないカードは「もじゅるー」「えれきてる」「Turbo switch」「くるるーん」である。

その他の3枚は基本的には伏せて基本動作を行うことになる。


その上で、
・「えれきてる」は2ターン目に「いんだすとりあ」に封印したい。
・「もじゅるー」は3ターン目に使いたい。
・「くるるーん」と「Turbo switch」はできるだけ早く握っておきたい。
上記3点を意識してマリガンを行う。


後攻の場合は、1ターン目に集中力を使って宿し「いんだすとりあ」をできるので、雑に「もじゅるー」を底に置く事だけ考えればよい。


(例)
・「もじゅるー」「えれきてる」「くるるーん」の場合
 「もじゅるー」だけマリガンすると「Turbo switch」を引いた時に裏目になるので、「もじゅるー」「くるるーん」をマリガンするか「えれきてる」「もじゅるー」「くるるーん」の順にマリガンするかの2択。
 上述したが、後攻の場合は「もじゅるー」だけマリガンでオッケー。


②デッキ1巡目の動き


・先攻の場合
1ターン目
1伏せ宿し(手札2集中0)
2ターン目
「いんだすとりあ」に「えれきてる」を封印。
1伏せ纏い(手札2集中1)
3ターン目
1伏せ宿し2集中宿し
「どれーんでびる」使用
「もじゅるー」使用(手札「くるるーん」「Turbo switch」集

中0)
<相手から攻撃を受けなかった場合>
4ターン目
再構成せず、1焦燥で「えれきてる」をドロー
1集中纏い
「Turbo switch」追加基本行動前進
「えれきてる」追加基本行動前進(手札「くるるーん」集中0)
※なお、相手から攻撃を受けた場合は「くるるーん」で対応し、伏せ札から1枚山札へ返す。
 なお、基本的に攻撃はライフ受け安定。
 これができると「Turbo switch」を使うことなく焦燥ドローせずに「えれきてる」が打てるので◎

※後攻の場合も基本的には同じ流れ。
 余る集中力1は相手によって2巡目に持ち越すか前進するか判断されたし。


③2巡目以降の動き


2巡目以降で気をつけること。
・3/1は基本ライフ受けもしくは「Turbo switch」で避ける
・打てるときに「Steam Cannon」を打つ
・「えれきてる」はできるだけ「もじゅるー」展開中に使用する

デッキ2巡目底の「えれきてる」を打てているなら「えれきてる」で3点、相手の再構成2点で相手のライフは残り3点になっている。

3巡目は「Omega-Burst」「Turbo switch」「もじゅるー」を駆使してとにかく死なないようにしつつ、「くるるーん」でドローを促進し、底の「えれきてる」を引ければ勝ち。
非常に分かりやすい。


4.対戦相手のメガミによって気をつけること


ユリナ
「月影落」「天音揺波の底力」は食らうと当然一発アウトなので、ケアしつつ、積極的に燃料を使って「Omega-Burst」を構える。
「Burning Steam」は腐りがちになるので、「Waving Edge」や「Roaring」に変えた方が良いかもしれない。


ヒミカ
非常に苦手。
とにかく前進をして可能であれば、「Turbo switch」で躱していく。
対ヒミカの場合は1巡目のどれでびは無理には開けない方がいいことが多い。


トコヨ
相方の切札に大技が無ければ一番警戒しなければいけないのは「千歳の鳥」。
序盤から「Omega-Burst」を構えて打たせないようにしたい。


オボロ
設置忍歩影菱がきついが、3距離で返せば設置後の追撃を「Turbo switch」で躱すことができるので、丁寧に対応する。


ユキヒ
「ゆらりび」は「Omega-Burst」を早目に構えることで脅威ではなく、「しこみばり」「はらりゆき」の連撃には「Turbo switch」で対応しつつ傘を閉じた返しに「もじゅるー」を展開し、圧をかけていく。


シンラ
無理。
シンラ相手にこの型をやるとほぼ負けるので別の型をするべき。


サイネ
「Omega-Burst」や「Turbo switch」は相手がリーサルを狙ってきた八相状態での「八方振り」へ合わせる。


チカゲ
とても辛い。
「毒霧」がくる前提でマリガンをミスらないようにする。
一番底に「もじゅるー」を入れることだけはないように。
ある意味、山札調整をしなくてよくなるが、毒による阻害はクルルの天敵。


ハガネ
「大破鐘メガロベル」が厄介だが、「大天空クラッシュ」や「遠心撃」が致命傷にならないようにケアをしつつ、クリンチ対策に「Shield Charge」を採用するなど対策をとろう。


クルル
クルルハーフミラーだといわゆる「びっくごーれむ」型の方が早いことが多いので、大人しく「びっくごーれむ」型を使おう。
「Steam Cannon」の圧が高いので積極的に振っていこう。


サリヤ
相手の連撃の起点となる「Burning Steam」や「Waving Edge」を躱そう。
「Steam Cannon」の圧が非常に高いので、常にケアしよう。
「Julia’s Blackbox」により、ナーガにトランスフォームされると追加基本動作で山札の「えれきてる」を落されることもあるため、「えれきてる」型よりも「びっくごーれむ」型を採用した方がいいかもしれない。


ウツロ
「遺灰呪」がゲロきつい。
ただし、単純な攻撃力はそこまで高くないため、しっかりとプレイすれば勝てない相手ではない。
「終末」を常にケアして「終末」を貼ってきた返しに「Steam Cannon」ぶちあてましょう。


ホノカ
対戦が長引く傾向にあるため、有利だと思われる。
相手の「守護霊式」の開花を「Turbo switch」で防ぎつつ「この旗の名の下に」は「Omega-Burst」で防ぐようにする。


5.おわりに


以上のとおり、「クルルサリヤえれきてる型」について簡単であるが解説をさせて頂いた。
クルルサリヤは「えれきてる型」以外に「びっくごーれむ型」「ヤクシャ型」「ガルーダコントロール型」があるため、相手の構築に歪みが生じるところも強いといえる理由の一つである。


「えれきてる型」以外の型については私の力量不足により、詳しい解説ができないが、Wikiや実戦を通して是非クルルサリヤの強さを実感してほしい。


残り少ない第二幕環境に置いてクルルサリヤの使用率が上昇することを願って筆を置きたいと思う。


なお、最後になったが、当記事に関する苦情については、一切受け付けていない。

しかし、どうしても一言言わなければ気が済まないという方は苦情窓口としてぷよまんさんを立てているので、当記事に限らず愚痴・恨みつらみ等ぷよさん宛にご連絡頂ければと思う。





ふるよに第二幕論文-0回戦を優勝するために-

1.はじめに


第二幕環境が少しずつ終焉に向かう中、ふるよに勢が論文という形で考察や解説を披露してくれている流れに便乗して非常に稚拙ながら私も寄稿させて頂く。


そもそもふるよにの大会で優秀な成績を残すためには何が一番大事なことであるか貴君らは理解しているであろうか。


メタゲームの理解力?眼前構築時の発想力?幅広いメガミの練度?集中力?遠心撃?


これらは全て正しくはあるが、残念ながらベストアンサーでは無い。
遠心撃に至っては誤答である。


一番大事なことは、「0回戦で勝利すること」である。
以下の論文を読み実践することで、大会で好成績をあげることができるであろう。


この技術を公開するかどうか、非常に悩み葛藤したが、ふるよに界の今後の発展、更なる盛り上がりを願い、公開することとした。


2.0回戦とは何か


0回戦とは、大会前に美味しい食事をすることができるかどうかを戦う場である。

大会の直前に「どの組合せを使おうか…」「扇書絡を殺せる組合せはなんだろう…」「遠心撃は最強…」と考えたところで練度が急に上がることは無い。


むしろ大事なことは美味しい食事をとって幸福な気持ちで大会に参加することである。
これをすることで、既に0回戦で1勝しているため、気持ちに余裕を持って大会に臨むことができる。


何故か、公式大会ではこの1勝をカウントしてもらえないが、そこはジャッジを呼んで懇切丁寧に0回戦で勝利したことを伝えるように努力しよう。


きっと「よかったですね」と言ってくれるだろう。


言うまでもない基本のことであるが、食事の写真を撮って勝利した証拠を残すことは忘れないようにしよう。


なお、当理論を使用することで筆者は拙いふるよに技術にも関わらず第二回全国大会において、以下の成績を残している。
-神奈川予選
 0回戦で渋谷ちばからで優勝した結果、通過できなかったものの3勝2敗で勝ち越し。
 なお、大会後にちばからで再優勝しているので実質5勝2敗となり、予選通過ラインに達している。
-東京予選
 0回戦で秋葉原忍者で優勝した結果、決勝まで残り、4勝1敗で予選通過。
-全国大会本戦
 0回戦で秋葉原ゴーゴーカレーの必勝カレーを食べた結果、3位。


また、筆者同様にこの理論を実行しているぷよまん氏はいまだにWaving EdgeとBurning Steamの間合いをどっちがどっちか把握していないにも関わらず、神奈川予選・東京予選では筆者とともに0回戦優勝し、神奈川予選では優勝。

東京予選でも3勝2敗と勝ち越し、全国大会では朝食を品川のリュプスダイニングハプナでバイキングをするというドーピング行為まで行い、4勝1敗という成績を残している。


3.おすすめの0回戦会場


では、0回戦を優勝するためにはどうしたらいいか。
悩める子羊のためにおすすめの0回戦会場を特別に公開したいと思う。


現在、主に東京で実施されている大会は月1の交流祭@秋葉原と隔週水曜日の簡易神話大戦@高田馬場である。
また、大阪では長堀橋のDDTさんで大会が開かれることが多い。
よって①秋葉原②高田馬場③長堀橋(心斎橋)についておすすめの0回戦会場を紹介していく。
(ひがっちさんでも同じくらい大会が開かれているが、まだ開拓できていないため、紹介できない点、お赦し頂きたい。)


①秋葉原
-忍者
 黄色い看板が目印のラーメン屋。
 見た目から想像できる通り、いわゆる二郎インスパイア系。
 店名を模した忍者ラーメンもトッピングが豪華で美味しいが、個人的にはまぜそばがおススメ。
 デフォでチーズ・生卵もトッピングされておりお得感◎。
 お腹に余裕がある人はデカ豚もトッピングしましょう!!

https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131001/13192368/


-麺屋 武一
 濃厚な鶏白湯が美味しい!
 サイドメニューのどんぶりも美味しいです。
 積極的に犯罪ムーブしていきましょう!!

https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131001/13158800/


-九十九里煮干つけ麺 志奈田    
 もともと志奈そば田中として営業していたのを煮干専門にシフトチェンジ!
 濃厚な煮干つけ麺はにぼらーなら食べるべき!!

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13210414/


-秋葉原ラーメン わいず
 神田の超有名店わいずの秋葉原店。
 東京の家系№1!
 米のおかずにラーメン頼んでいけ!

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13178061/


②高田馬場
-三歩一
 鶏白湯!
 まぜそばもつけめんも濃厚ラーメンも限定も全部美味い!

https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13134126/


-鷹流
 ここも鶏白湯!
 三歩一とはまた違った美味しさなのでぜひ食べ比べてほしい!
 夜営業限定の濃厚鶏白湯全部のせがおすすめ!

https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13058985/
 
-金満軒
 とどの目の前の担担麺専門店。
 ちゃんと痺れもあるし、本格的。
 なのに大盛無料、ライスお替り自由、ポイントカードありのアドの塊。
 高田馬場のもじゅるー。

https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13203418/


-とん太
 高田馬場はとんかつ激戦区。
 成蔵はさすがに神話大戦前には行けないが、とん太はワンチャン。
 まあ間違いない美味しさ。 

https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13003984/


③長堀橋(心斎橋)
-鶏Soba座銀にぼし店
 肥後橋の人気店の心斎橋店。
 煮干が効いたラーメンが絶品。

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270201/27086371/


-人情麺家 牛骨王
 DDTすぐそばのラーメン屋。
 珍しい牛骨ラーメンは旨味がヤヴァイ。
 サイドメニューのスジ丼はマスト。

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270201/27092423/


-麺や輝
 完成度の高いつけ麺が食べれるお店。
 濃厚ながら丁寧なつけ麺は好みど真ん中。

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270201/27058822/


4.おわりに


今回は、比較的よく大会が行われている地域の0回戦推奨会場を紹介させて頂いたが、遠征で地方に行く場合も必ず大会開始1時間前には現地入りして0回戦優勝されることを強くお勧めする。
筆者もまだまだ0回戦優勝を極めたとは言えないので、読者の皆様からの0回戦会場候補を教えて頂きたい。


最後になりましたが、当記事はふるよに勢は冗談を笑って許せる懐の広い方ばかりだという前提で執筆しているため、一切の苦情等は受付けておりません。
どうしても苦情を伝えたい場合は、ぷよまんさんが0回戦優勝理論の第一人者ですので、そちらへお伝え頂ければと思います。





ふるよにいましメモ

迂闊な眼前構築・プレイをしないために(自分へのいましメモ)

ふるよにをやってる中で、使い慣れた組合せだったり、一つの型を信頼しきった組合せを使う時に迂闊な眼前構築やプレイングをしてしまうことがあります。
そんな自分を戒めるためのいましメモ(一同大爆笑)。


主に突発的な記憶喪失により上記の症状が発生します。
特に記憶喪失になりやすいカードがこちら。


・底力
(例)0距離で圧気貼られたかー、まあ月影は浦波で対応すれば受けれるし、相手が後退リソース払うなら甘んじて受けるか。
   ⇒再構成忍歩底力
   お、相手オーラ3やんけ。居合や、えい!
   ⇒対応浦波ライフ受け底力


・叛旗の纏毒
(例)久遠さえ構えれば…、浦波さえ構えてれば…、梳流し擦れば勝ちやな…、天地反駁最強!!!


・虚偽
(例)これが私の生きる道!!
   騎動でAlpha-Edgeばんばん打つぜー^q^!!
   森羅判証で4カード構築!!
   
・完全論破
(例)えれきてる増産してビリビリあたっくや^q^!!対応はくるるーんとひきもぐあればええやろ^q^
      お、ゆらりび確定で当たるやんけ^q^ふりたぐ完論で無事死亡


・流転、Alpha-Edge
(例)オーラ3でBurning Steamか、まあオーラ受けやな^q^!!
  (切札枠確定させるためのムーブでライフアド返せる算段があれば悪くないけど)


・どれーんでびる
(例)お、相手オーラ2や!マグナムカノン^q^!!


・果て果て
(例)(オーラ4以下での)Alpha-Edge^q^!流転^q^!はらりゆき^q^!


・枢式
(例)クルルとかステップ対応無いし月影か底力で殺せるやん^q^!!


・(少し特殊ですが)鳶影歩み
(例)フルリソでスカーレットイマジンから連撃するよー^q^!!まずはシュート!!


・自分が終末使ってる時
(例)お、相手次ドロースキップ確定やん、右手でいじめたろ^q^
   ⇒対応浦波、反論


新幕でも似たような症状が出ないように各自気を付けましょう!!


おしまい。


4/7(土)第2回全国大会

ついにやってきました第2回全国大会。


第1回時は始めたばかりで、そもそも土日に大会出ることが考えられなかったため、モチベも低く神話大戦予選に出ただけでした(しかも1-2で当然権利無し)が、今回はそこからハマりにハマって元々神奈川予選も東京予選も土日だし出れないなあと思っていたのを無理やり出てなんとか東京予選で権利を得ることができました。

しかし、年度始で忙しいという理由で休日出勤しなきゃいけないという詭弁で嫁対応しようと思ってたらまさかの大阪異動。


さすがに朝7時に休日出勤は苦しい…、窮地に追い込まれるもここで歓迎ゴルフの体で家を出ることを思いつく!
運よく新大阪にはゴルフバックが入るコインロッカーもあったため、秋葉原にゴルフバックを持ち込む事態は回避。
無事に参加することができました。


さて、今回の大会レギュレーションは三拾一捨。
神奈川ではいわゆるまやん式刀傘騎を持ち込みましたが、刀騎・傘騎をうまく扱えずに3-2止まり。
東京で権利持ってからはいろんな組合せを熱帯等で試しました。
メタ対象としては、最低3人はいる扇書絡を筆頭とした絡XX、通常選択大会で猛威をふるった刀忍X。
まやん式をもう一度もちこむことを考えましたが、刀騎でうまく扱える自信が無く断念。


その他、以下の組み合わせを検討しました。
(なお、強いものの一定数使用者(実力者)が多いと思われる刀扇傘、刀扇書については、ミラーで勝てるビジョンが無いため検討から外してます。)


刀忍毒、刀傘毒・・・東京予選で使用した刀毒に何を入れたら一番いいか考え忍や傘をタッチしてみましたが忍毒、傘毒がきつくて断念。
刀忍鎌・・・忍鎌が強いことに気づいて刀をタッチした型。が、刀忍、刀鎌が難易度高く断念。てか刀忍僕が握るとくそ弱いん?
傘絡騎・・・傘絡だけ練習すればなんとかなるか、と思いましたがさすがに対応力なさすぎて諦め。そもそもメタ対象であるはずの絡XXへ有利つきづらいことに気づく。
銃絡鎌・・・絡ハーフミラーでも銃鎌でもどっちもいけそうでしたが、刀単体(というより圧気一枚)に対して絡鎌が弱すぎて断念。
銃傘鎌・・・傘鎌を使うのにプレイングと構築に一定のレベルが必要と感じ、断念。大会があと一ヵ月後だったらおそらくこっちで出てました。


で結局、刀銃傘で出ることにしました。

おいまじかよ刀銃とか正気の沙汰かよ、と自分でも思いましたが、以下が選出理由となります。
・ほかの刀XXに比べ、銃傘の圧が高いため刀を抜きづらい構成になっている。
・刀、銃はどちらも絡Xへの圧が高い。
・全ての組み合わせが近距離型と中(遠)距離型の2択を取ることが可能。
(故に相手が読み間違える(構築が歪む)ことがあるため、ジャイアントキリングの確立が上がる)
・赤い札を入れとけば、とりあえず強い^q^


なお刀銃を使おうと思ったのは、前に熱帯でのんのんさんが数回刀銃を使っていたことがあって、その時はネタデッキ使ってんなあと思ってたんですが、対戦してみると存外に強かったことを思い出したことがきっかけです。
実際に熱帯やDDTでの練習会で回してみるとどの対面も一定戦えるし、選出理由のところでも書きましたが、デッキタイプが近距離か中遠距離か選択できるため、眼前構築が楽しくふるよにやってるぜ!感も強く握ってて楽しかったので、この組み合わせで出ることに決めました。

この組み合わせで出るのは恐らく自分だけであることも〇


さて前置きが長くなりましたが、以下実戦レポ。


1回戦(Kuroさん)


初戦は関東予選で権利獲得されているKuroさん。

刀忍旗だったので迷わず、刀旗残し。
刀銃でもなんとかなるっしょ、と。


刀傘(銃)○-×刀旗(忍)


返ってきたのは刀傘。まじで?ゆゆ式つかっていいの?
刀旗は1月の交流祭でも自分で使って弱点分かっているので、思いっきりクリンチに寄せて組む。

一閃すら抜いてどろり浦波ゆらりびぶち当てて勝つ構成。


相手は、初手から三分咲きを無理やり開花させてくる満開型。
五分咲きなんて貼らせないぞ、という圧をかけながら最後相手のデッキボトムから五分咲き引いてくるタイミングでダスト枯らしつつ圧気展開。
これで五分咲き打てなかったらこの後も打つタイミング無いぞーとプレッシャー掛けてたんですが、えいやーで五分咲き展開される。
さすがに圧気はお守りで打ち消されるもこれでどろり圧気が決まるので、相手の満開よりも先に決めれるように動くのみ。

めぐりあいやたぐりよせ等で0距離へ詰めながら斬をしていく。
この時に致命的なミス。相手が守護霊式使った後に開花してないのを開花して突撃霊式に変えたものと勘違い。
その後、相手のライフ4、オーラ4、2距離から圧気あればリーサルも引けなかったので、ふりたぐ、しこみ、斬でライフ3点取ろうとするもふりたぐに守護霊合わせられて悶絶。
これはあかーん、と思いながらも再構成からトップから圧気引けたため、圧気どろりからゆらりびぶち当ててなんとか勝ち。


初戦から先が思いやられる・・・。


2回戦(アオギリさん)


福岡予選で権利取られてるアオギリさん。
忍絡鎌というピーキーな3柱。
絡鎌残しで全て有利取れるので即決。


刀銃(傘)○-×絡鎌(忍)


返ってきたのは刀銃。
とりあえずフルバ当ててから考えるかー的なデッキをくむ。
影の壁があるので2/1全部抜いて最後ぶちころすための気炎万丈イン。居合も入れて黄色3枚構成。
このへんはのんのんさんに影響されてるところある。
最後、ひよって底力抜いてイマジンにしたけどこんな感じ。
斬、一閃、居合、気炎万丈、フルバースト、圧気、足捌き、イマジン、浦波、月影


あいてはえれきてる型。
えれきてる埋めつつ進めようとされるのをフルバで阻害。
とにかく近づいて圧気展開。
相手は後退して右手か左手打たなきゃいけないのでオーラがきつくなってくる。
ただ、えれきをしっかり打ってくるのでライフ差は同等。
相手がこちらの再構成直前に2距離で終末を打ってきたので、居合ひかねーかな、と思ったら気炎引いてきたので、これでもいーじゃん^q^とあえて攻撃せず、ドロー無いタイミングで気炎展開。
相手の顔が歪む。
もじゅるーさえ引ければまだ可能性あったものの引けなかったようで、とりあえず6/5底力ケアするために4距離まで下がられるも2前進から浦波月影で勝ち。
気炎万丈初めて使ったけどつえー^q^


3回戦(たひてふさん)


当たりたくなかったたひてふさん。
大会前に熱帯とDDTで2連敗している相手。
忍薙騎の三柱。
恐らく刀傘返ってくるので、圏域ボトムれば勝てる忍薙を返す。


刀傘(銃)○-×忍薙(騎)


中途半端なことしたらやられるので、思いっきりクリンチ型。
ただし、めぐりあいはケアされるので抜く。
また、一閃も忍歩で合せられるため抜く。
逆に2距離で返ってくる盤面は一度はあるだろうから居合をイン。
斬、足捌き、圧気、居合、ふりたぐ、ひきもぐ、しこふく、月影、浦波、どろり


序盤はじりじりした展開でお互いしこみと薙を打ち合う。
再構成後、圏域展開されなかったため足捌きふりたぐ圧気決める。
相手は足運び忍歩で下がりながら圧気をオーラ受け。
こっちも追撃できるのは斬くらいなので斬を打つとしっかり纏われる。
しかし2距離で返ってきたため最強の通常札、居合をドン!


これが大きくて以降相手は纏いのためにリソース使わざるを得ない展開に。
その後も圏域なかなかトップにはこず、相手が設置使いたいタイミングで後退足捌きひきもぐで0距離にいったりして躱したりしつつ、月影が当たれば勝ちの盤面で打ったら当然の鳶影足運びで避けられる。
あー、そんなのありましたねー(棒
とはいえ、相手も忍歩でフレアを間合いにやったりしていたため、この段階でフレアもかつかつでオーラも剥がされ後退リソースが無く、こちらはなんとか0-1距離で圧気展開し続け、最後は音無使用済みのところから浦波から(確か)斬で勝利。
ほんとに死闘でした…。


こちらとしては、同じ3-1対戦を2回やって負けたことで経験値が増えていたところだったのでやや申し訳ない気もします。


4回戦(グリバーさん)


ここでぶちあたる狂気の3柱。
当然の扇書絡。
実はここも熱帯で対戦していて次は違うデッキでいけば勝てそう、なんて話をその対戦見ていた幽さんとしていたので、単純に書絡を返すか悩みます。
とはいえ、一番防御力低いのはどう見ても書絡なので、素直に書絡を返しました。


刀銃(傘)○-×書絡(扇)


前回の対戦の結果、反論かえれきを増やしての枢式で切札奪うのがよさそうっていってたので、こちらも尖った構築。
斬、一閃、足捌き、フルバ、シュート、ラピッド、圧気、月影、浦波、底力

遠距離でシュートラピッドもしくは8-9距離のフルバで1点取ったら1距離斬でライフとりつつ圧気貼って相手に2距離戻らせて一閃振ってく感じで、最後は月影か底力でころす。
問題はグリバーさんが目の奥を光らせてぐへへへ言いながら構築していること。不安しかない。


実戦では、相手後攻でいきなり三宿しからいんだすとりあにあくせらー埋める。


????????????


混乱状態の中、シュートとラピッドぶち込む。
返しのターンで天地反駁発動される。


????????????


それ3つしか納のらないし、あなたオーラ0デスヨ?
あまりにもテンパってとるねーどのオーラ5点は天地中もオーラ5点ですよね?と当たり前のことをbakaさんに聞いてしまう。
これは良くない兆候だと思い、山札は2枚残っているものの再構成してラピッドシュートを引きに行く。
運よくラピッド引けたのでもう1点。
次のターンでは再構成から立論打たれてもじゅるー貼られる。反論でとりあえず1点かと思いきやそれすら飛んでこず割れる天地反駁。
まあさすがにこの盤面で枢式からのりげいなーで2回切札パクッてくるデッキだと割れるもマジで機巧のためだけに天地採用するとか頭狂ってるぜ。
まあ僕もテンパり過ぎて


僕「ヤバい!これ次底力2回打たれるやつやん!」
グ「え?底力入ってるの?(にやにや」
僕「・・・・・・・」


とかなってたけど、ちゃんと毎ターン再構成でシュート、ラピッド引きに行きつつフレア貯めて相手のびっくりコンボの前に月影を落として勝ち。

ちなみに山札調整のため、くるるーんが採用されていたんですが、くるるーん使わないと機巧が完成しないため、僕が一切攻撃しないと突っ立ってるだけで勝ててしまうというヤバさ。


こんな狂ったデッキを全国4回戦でぶち当ててくるグリバー師匠はほんと頭おかしい(褒め言葉


5回戦(まやんさん)


まさかまさかの4連勝を決めたため、次勝てば決勝の可能性あり。
(この時点で全勝は5人だったため、階段崩れたら次が決勝)
相手は名古屋大規模3-1交流祭(実質全国大会)で優勝のまやんさん。
刀傘騎のまやん式渡されて一生悩む。
刀銃が返ってくること濃厚だと考えると、まだワンチャンありそうな傘騎を返す。


刀銃(傘)×-○傘騎(刀)


完全に銃よりで組んでイマジン連撃で削りきる型で。

斬、遠当て、シュート、ラピッド、マグナム、フルバ、バクステ、浦波、レバレ、イマジン


開始からフルバ当ててシュートラピッドで1点、マグナムも当てて残り4点にする。
一方相手からもしこみ、バニスチ、アルファが飛んできて全部ライフ受けしたのでこっちもライフ差変わらず。

再構成後、1ターンパスしてからのイマジン連撃で相手のライフを1まで削って距離を取ればリソース足りなくて勝てるやろと思いラッシュ仕掛けるも最後のマグナムを打たないプレミ。
Omega-Burst使わせてフレア吐かせるべきだった…。
相手が傘開けているのに全くゆらりびのケアができていなかったのは反省。
それでもトップでもっかいバクステ引けてればワンチャンあったし、最後全まといではなく後退を選んでいれば相手のリソース足りてなかったぽいですが、そこの考えに至らず、しっかりゆらりび当てられて負け。

あんなに対戦中は頭働かせていたつもりがほんとにすっぽりゆらりびケアが抜けていて、というよりバニスチ、アルファ、ウェイビング、アルファで負けだなあと思い、思考放棄してしまったきらいがあるので猛省。。。

せっかくグリバー師匠が最後まであきらめるな!というメッセージがこもった動画を上げてくれていたのに…。


ということで悔しさはあるものの、正直自分の実力では考えられない4-1(ソルコフ計算上、3位)という結果になりました!
プロモユリナタロット、ユリナアクリルフィギュアを貰えて大変満足です!!


去年の8月末に第弐拡張発売後、自信満々で臨んだ神話大戦で惨敗した悔しさからブログに反省記事を載せることを始め、それまでぷよさんとしかしてなかった練習を色んな人とやるようになって、ちょっとずつ頑張ってきたことが少し報われた気がします。

この頂点にはちょっと届かなかった差を、悔しさを次の新幕でもあるであろう全国大会で活かせるようにまた、頑張っていこうと思います。


おしまい。

アクセスカウンター

プロフィール

キャッツ99

Author:キャッツ99
ボードゲーム、特にふるよにに
ドハマリ中。
技術向上に向けて大会レポ等の
記事を更新予定。
ラーメンガチ勢。

素敵すぎる西森博之風アントゥは
夢際さん(@_lastboy)に頂き
ました。感謝!

《自己紹介記事はこちら》

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR